近代国家と認知症問題

landscapeかねてより面白い現象だなと思っていたことですが、認知症の予防にジムなどに通う人が多くおられますよね。やはり体を動かすのが1番だ、というのは解るのですが、元々文明の発達の目指す目的が「便利」なんですよね。

ネット類が1番解りやすいですが、スマホ家電というのがありますね。スマホで自宅の家電を操作できたりするものです。帰宅前にお風呂を沸かせたり、エアコンが入るのは確かに便利です。しかし、そうなると、本来そこに使っていたはずの労力を使わなくなるのです。またスマホの操作には、それなりに頭を使いますが、スマホ類の頭の使い方は、その場の空気や状況を見て臨機応変に対応するというより、段取りを組む方向ですよね。そして炎上しないように、または個人情報を抜かれないように、など、リスク管理的な頭の使い方が必要にはなるのですが、どちらにしても「現場の空気」ではありません。

「暑い」となったときに、エアコンなのか、扇風機なのか、窓を開けるのか、という判断はあまり要らないわけです。よって無駄な行動も減りますね。そもそも窓を開けること自体が出来ない家もあり、家の管理自体、エアコンが故障したら業者任せなんてことが当たり前になっています。このように、各種効率を追求し、生活が楽になった結果、長寿化、同時に運動不足が問題になり、ジムなどに通ったり「正しい歩き方」というマニュアルができたりするのです。考えようによっては、ひどく滑稽ですよね。便利さを追求するためにお金を稼ぎ、その便利さによって起きた運動不足は、お金を払って解消されているのです。

何かこう昔ながらの「地に足を付けた生活」という発想に戻ればいいのでは、と思っていたところ、オランダの「農家で認知症ケア」という記事を読みました。デイサービス的なことの内容が、そのまま農業なのです。本職の農家というよりは、どちらかというと認知症ケアが主体になっており、朝はみんなで集まりコーヒータイム、その日の問題を話し合うなど、一定のプログラムが組まれています。また専門の介護スタッフ・・おそらく医療従事者も管理している状態のようですね。こういった農家には「認知症ケアをする機関」という認証のようなマークがもらえるようです。

農業には、作物を育てること、つまり五感を駆使するという特徴があります。また予期できないことも多いですよね。それに向かって一定人数でチームを組み対応していく、それにより収益というやりがいが得られる、と、認知症予防にいい要素が相当入っているのです。また農家の方も単純に手伝いが増えるメリットがあります。もちろん基本は「介護」の方に軸が置かれているため、どの程度農業分野に比重をおくかは、やや試行錯誤の部分もあるようですね。

面白いのはこの動きに目をつけ、元々農業に関係のない人が「社会的貢献にもなる起業」として、いろいろなことをやり始めていることです。近いことが日本でもありますよね。障害者施設の作った加工食品などは、安全性の高さが証明されているため、最近ではかなりの人気商品、ブランドネームに近くなっているものがあります。

このように認知症ではなく、障害者(精神疾患を含む)人たちに、目的がよく解らない単調作業ではなく、手ごたえを感じやすい労働をしてもらうというのは、日本でも割と広く知られています。しかし、農家というブランドと介護施設を本格的に結び付けているところは、なかなかないかもしれませんね。ですが、このパターンはまさに理想だと思いませんか。

ジムにお金を払ったり、脳トレをすることを否定はしませんが、農業の場合、直に土をいじる、毎日しなければならない、他人との協力、売上、と目的に対する真剣さが格段に上がります。またこれにより、周囲の人が認知症の人を白い目で見るのではなく「農業従事者」として見てくれます。というより、介護の場合、大規模な運営が出来ないため、今普通の農家がやろうとしている「顔の見える農業」にもなっていくのです。

認知症や精神疾患の場合、病気自体も大変ですが、社会と落としどころが合わないことから来る不幸はかなり多いですね。病名を聞いただけで、地域から疎外されることも珍しくありません。こうなってしまう理由は、近代国家と呼ばれる国の目標が「皆でサラリーマン」だったせいでもあると思います。

昔、社畜という言葉がありましたが、同じような環境で同じようなことが出来ること、が、1番重要視されてきたのです。でも、近年その弊害が出てきつつありますよね。全員大学を目指した結果、大卒資格を持つ人間の意味が薄くなっていたり、また画一的な教育をすることでそこに適応できない発達障害などが目立つようになり、過剰な治療をされたりもしています。無駄に横並びの意識が高くなってしまったのです。

認知症問題というのは、この近代国家がやってきた「画一化」のデメリットを大きく変えるチャンスなのかもしれません。もちろん看護師もこれからは、総合病院の勤務だけでなく、ファーマーナースなど、いろいろな形の看護師が増えてくる可能性は大きいですし、またそうあってほしいものですね。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

関連記事:認知看護認定看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!