誰も助けてくれない…大口病院のいじめ問題


先月から何度か取り上げている、神奈川県横浜市の大口病院連続殺人事件。
まだ犯人はつかまっておらず、だんだんとテレビで取り上げられる回数は減ってきましたね。
一部では、逮捕まで時間を要するだろうといわれています。

しかし、雑誌女性セブン10月20日号にて、大口病院看護師同士のいじめ問題の記事が書かれました。

驚愕!大口病院の事件が多すぎる


大口病院の4階ナースステーションでは、今年4月からの事件やトラブルが絶えなかったようです。
報道ではトラブルの一部も紹介されていましたが、下にまとめます。

大口病院の4階ナースステーションのトラブルの数々
4月 針山事件
ナースステーションに置いていた、ある看護師の筆箱に、10本以上の針が刺され針山状態になっていたという事件。
4月 白衣切り裂き事件
ナースステーションの壁に掛けていたある看護師の方の白衣が、何か所にもわたって執拗に切り刻まれていたという事件。
6月 カルテ紛失事件
4階の入院患者のカルテがなくなり、あとから別の階の看護部長の机から発見されたという事件。
8月 ペットボトル飲料異物混入事件
職員から差し出されたペットボトル飲料に異物が混入されており、飲んだ看護師の唇等がただれたという事件。
このペットボトルの上部には注射器であけたような穴があいており、漂白剤のような味がしたとのことです。

 

ひどいですよね・・・。看護師同士のいじめはよく聞きますが、ここまであからさまで非道ないじめには驚きます。
そのほか、いじめではなくても病院の管理自体が疑われるような事件もあります。

告発しても変わらない現状


この一連のいじめのターゲットにされたというのが、若い看護師Aさん。
こんないじめに遭ったら、病んでしまうのは当然でしょう。
このAさんは、9月末に退職しています。しかし、何もせずに辞めたわけではありません。
ちゃんと神奈川署に「嫌がらせを受けている」という旨を相談していたそうです。
加えて、Aさんの同僚Bさんの家族もメールで横浜市に通報し、インターネット上でも告発をしました。

その結果・・・
通報を受けた横浜市健康福祉局の話がこちら↓

「たしかにそうしたトラブルの告発がありました。ちょうど9月2日に大口病院に対する年に1回の立ち入り検査が予定されていたので、病院に事実関係を確認したところ、病院側は大筋で認めたので、口頭で注意しました」

とのことです。
口頭注意。
この口頭注意を受けた高橋洋一院長は、どうしたかというと

「看護師からの聞き取りを行った」
だけ。
こんなに事件が起きているのに、誰がやったのかさえも追及しなかったそうです。

え・・・。
横浜市健康福祉局は口頭注意を行い、それを受けた院長は聞き取りを行っただけって・・・。
それって、少なくないですか?と言いたいのはわたしだけでしょうか・・・。

口頭注意を行った横浜市健康福祉局は、その後病院側の対策や方針を聞き、事後の調査とまではいかなくても、せめて確認くらいはしておくべきなのではないでしょうか。
また、院長は事実確認を行っただけということは、何も変わりませんよね。
看護師でいうと、「情報収集をして終了」みたいなものです。
看護の世界でこんなことをしたら「それで何なの?」「だからどうするの?」ってつっこみが飛び交うのではないでしょうか。
情報収集、アセスメント、計画、実施、評価が基本ですよね。

ちなみに、Aさんは警察に相談する前に病院側にも相談しています。
しかし、この流れからもおわかりの通り、病院からは「自作自演だろう」と取り合ってもらえなかったと、Aさんの母親はインタビューに答えています。
こんなに必死で訴えても、何も変わらないなんて切なすぎますよね。

お局様の行動がエスカレート


さて、この大口病院の4階でこんなにつらい思いをしたのはAさんだけだったのでしょうか。
記事には、ここ数年で10人弱の看護師が退職したことも書かれています。
確かに少し前までは新人看護師の離職率は高く、かなり問題視されていました。
しかし、プリセプター制度や働き方の見直しなども加わり、以前よりも離職率は下がってきています。
これらの背景を考えても、退職者は多いような気がしますよね。

退職の理由については、「ベテランの年配看護師がきつい」という声が多いようです。具体的には、

・若い看護師をかなり厳しく叱る
・好き嫌いが激しい
・えこひいきをする
・いじめが横暴

といった行為。
程度は別として、多くの人はこのような行為を見たり、体験したことがあるのではないでしょうか。

どこにでもいるお局様。
看護師の世界に限らず、お局様にいじめられる若い子は、どこの職場でも、いつの時代でも見られます。
ドラマでも大奥なんかを見ていると、「今も昔も変わらないんだな」と思ったりするのは、わたしだけではないはずです。

長年いるベテランさんは、その病院を去ることはないでしょう。
いじめや人間関係の問題を解決するのは、そう簡単ではありません。
時には、当事者のみならず、たくさんの人の協力が必要なこともありますし、時間がかかることもあります。
辞めた看護師がたくさんいるという大口病院。
「逃げるが勝ち」
「三十六計逃げるに如かず」
わたしはそれで良いと思います。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!