看護師は聖人君子でないとダメなのか?

a1380_000937どことなく「看護師の待遇や考え方」に偏りがちなので、ちょっと視点を変えようかな、と思いつつ今回もあまり変わりません。

というのは、子供を持つ身から見て、子持ち看護師は自分の家族や患者さんと多くの人達の面倒を見ているにもかかわらず、当の看護師自身のサポートが不足している感が否めないからです。

もちろん院内託児所もありますが、そういう勤務先ばかりではないし、ルールもそれなりに決まっていますよね。多くの看護師は、実家や配偶者の実家を頼り、民間保育所を利用し、という状況を箱根細工のように組み立てて職場に復帰していることが多いです。

しかし、母親業というのは、病院並みに救急事態が出てくるもので、「出来ません」と言わなければいけないケースもありますよね。このことで待遇悪化、下手すれば退職・・という状況、すごく違和感を感じるんです。院内託児所や保育所利用で早期復帰する場合でも「子供は3歳までは母親がいた方が」というおせっかい的なアドバイスも交ざってきたりします。人を助ける職業に就く人たちを、周囲が潰しているような構図になってしまっているのではないかと思います。

人を助ける人たちというのは、聖人君子なロボットではありません。普通の人間がそれぞれの事情を抱えた生活を送りながら、それでも病気の方々の役に立てれば、スキルを活かせれば、と頑張っているのです。しかし、世間は「看護師は病人のサポートをして当然」という風潮があります。でも、看護師も一人の人間なのです。決して「天使」なわけではありません。

世間ではいわゆる「手を汚さない仕事」というのが、地位が高いという風潮が今でもなんとなくありますよね。もちろん職業にいい悪いはなく、各ジャンルで頑張っておられる方もたくさんいます。看護師は「手を汚す仕事」です。動脈出血~天井までビュ~~と血しぶき・・いう見るに耐えない状況を処置するのは多くの場合、看護師です。またそういう目に遭った患者さんのお世話をうまく出来るように、精神面を含む日常のバックアップをしたり、また情報を整理して、治療や患者さんに必要なことをまとめておくのも業務です。こういうことをしている看護師は、手を汚さない仕事をしている人よりも地位が低いのでしょうか?

「自己責任」という言葉がはやっていますが、「自分で選んだ仕事だからしょうがないじゃん!」確かにそうかもしれません。しかし、どんな仕事も人とのつながりのために存在しています。看護師で言えば「的確な処置や判断」といった業務そのものは、自己責任というより「看護師としての責任」だとは思います。しかし、看護師の境遇は自己責任なんでしょうか。そういう言葉を持ち出す話なんでしょうか。

看護師は一般人が解らない、医療技術を持ち、また理不尽な病人の世界も体験として知っています。こういうことを一般人に教えて、講習料を取るような方法が仮にあったとしたら、看護師さんの持つスキルが一般人にも伝わり、看護師さんも仕事から完全にかい離しなくて済みます。事務処理などは、逆に看護師さんの方が学ぶこともあるかもしれません。病人など弱者の問題をつれづれに考えていくと、結局すべての人が当事者意識を持つ、関心を持つしかないと思うのです。

看護師さんも1人の人間、家庭を持ち、子供の世話をし、地区役員や溝掃除、親の介護、ご近所トラブルなど普通の人と同じ状況に置かれている人たちなんです。しかし、仕事の内容はこういうプライベートな問題を抱えたまま、人を助けることなんです。看護師も、いろいろなことを抱えて仕事をしているんです。誰かに支えてもらわないと潰れてしまったり離職してしまうのは無理もないのではないでしょうか?

看護師さんも「プロ」という立場でモノを語るのではなく「私を助けてください」とSOSを出す勇気を持つことも必要だと思います。自分が心身共に健康であってこその「看護」なのですから。

最後に看護師さんで産休を取るタイプの人の場合は、かなり早めに復職します。
「自分の子供をほったらかしで」という暇な「批評」をする人もいます。しかし、子供の愛着形成は時間ではありません。密度です。(※この内容はNHKクローズアップ現代、少年加害者という番組で放送されていました)

12時間べったりでも、目を会わさずスマホ育児では、愛着形成においてかなりまずいことになりますが、1時間でも、子供の気持ちを汲んであげれば、それで十分なのです。そして子供の愛着形成は、親だけではなく、周囲の大人すべての力です。だから時に保育園などに子供を預けて仕事をすることに罪悪感を持つこともあるかもしれませんが、そんな必用はないと思います。人は立場を超えて助け合いをするしかないんですから、看護師もSOSを出して、自分の仕事、子育てに自信を持ちましょう!

「看護師を助ける」=「困っている人には出来る範囲で力を貸す」それを言えるのは、人を相手にした激務であるからこそ。「看護師は人を助けるだけの天使ではなく、人に助けてもらう存在でもある!」のだと思います。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!