看護師の五月病?看護週間でやる気0とおさらばしよう!

5月12日は「看護の日」。この日は、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。
そして、12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。
2016年の今年は5月8日から(日曜日)から14日(土曜日)までの間が看護週間です。
この看護週間は全国各地で様々なイベントが開催されています。
働く看護師にとって「あれ、そういえばそうだったかも」と思う人も多いかもしれませんが、看護週間を機に五月病でやる気を失った心に鋭気を取り戻せるかもしれません。


意外と知らない看護の日にまつわる話

今では割と知名度のある「看護の日・看護週間」ですが、日本で制定されたのは1990年。
旧厚生省によって、21世紀の高齢社会を支えるため、看護の心をみんなに知ってもらうために制定されました。
老若男女問わず誰もが看護の心や助け合いの心を育むきっかけをつくるように制定されたものなので、看護師だから関係があるというわけではないのです。言葉だけ知っている人にとっては少し意外ですよね。
ちなみに、世界的には5月12日を「国際看護師の日」と定めています。
ジュネーブを本部に置く国際看護師協会が1965年に制定したものです。
日本で制定される35年も前に世界的に看護師の日とされていました。


看護の日・看護週間で何が行われているの?

さて、この「看護の日・看護週間」に何が行われているかというと、
2016年の今年は「忘れられない看護エピソード」表彰が東京表参道の日本看護協会ビルにて行われ、全国各地でも「1日まちの保健室」「ふれあい看護体験」「看護の出前授業」などが開催されています。

1日まちの保健室では、都道府県協会や商業施設の一角で健康チェックが受けられるというもの。
血管年齢測定や骨密度測定などができるので、気になっている方は要チェック。看護師は自分の体調管理がおろそかになりがちですし、検査を行う側なので患者さんの気持ちになれるかもしれません。

ふれあい看護体験は、主に中高生の学生さんを対象に施設の見学や簡単な看護体験ができるというものです。
看護師を目指している方も、そうじゃない方も、ふれあい看護を通して看護師ってどういうものなのか、どんな仕事をしているのかを知ることができます。
看護師を目指している人にとっては、貴重な体験ですよね。もちろん、学生さんだけではなく、主婦層や会社員、定年後の方なども参加できるふれあい看護体験もあります。
内容は施設によって違いますが、実際に白衣を着て血圧測定を行ったり、手浴や足浴を体験するところもあります。
また、ふれあい看護体験では実際に看護師や医師などの医療関係者と接することができるというのもメリットのひとつです。
参加者は普段聞けないことを聞く機会となりますし、医療関係者にとってもこういった交流は新鮮な気持ちにさせてくれます。
「私にもこんな時代があったなぁ」と思いながら、学生さんと関わる看護師も少なくないでしょう。

看護の出前授業というのは、中高生に看護の仕事について紹介する授業です。
現場で働く看護師、助産師、保健師や看護学校の教員などが行います。内容もそれぞれ違いますが、看護師の仕事はどんなものなのか、実際に体験コーナーなども用いて紹介していく授業です。
看護師不足の時代の中、少しでも多くの人に看護師という仕事を知ってもらいたいですよね。
看護の出前授業をきっかけに看護師を目指す人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。


五月病?疲れた心に栄養を!

しかし、このようなイベントに参加したくても「うちの病院じゃやってないし」「でかける時間ない!」という看護師も多いでしょう。
また、五月ということもあり、なんだかやる気がなくなっているという方も多いはず。
特に、まだ休日勤務や夜勤をしていない新人さんにとっては、連休を楽しんだあとの仕事は本当につらいものです。
連休あとの方が仕事にストレスを感じやすく、気分の落ち込み、疲れやすさ、集中力のなさ、不眠などの症状が現れやすい傾向にあります。
ひどくなってしまうと、倦怠感や虚脱感、食欲不振、胃痛、めまいや動悸などの症状に苦しむ場合もありますので、馬鹿にできません。
そして、真面目で責任感が強く、忍耐力がある人に発症しやすいので、看護師の気質と合致してしまいます。
ふつうに生活をしていても1,2か月で良くなっていくと言われていますが、どんよりしながら過ごすなんてもったいないですよね。

そこで、看護週間を利用してみると良いでしょう。
外に出てイベントに参加するのも良いですが、それができない人は看護協会のホームページから「忘れられない看護エピソード」をのぞいてみるのがおすすめ。
ちょうど良い長さなのでサクサクっと読めますし、じーんとくる話も多いです。
心があたたまり、目がうるっとくるようなエピソードもありますから、是非、自分の空間(部屋や落ち着ける場所など)で読んでみてください。好きな香りのアロマやお香を焚いてもいいです。
五月病の原因は「ストレス」ですが、涙を一滴流すと一週間分のストレス解消になると言われています。
もちろん、栄養のある食事や休息など生活習慣を整えることも大切です。しかし、心の鋭気は心に響くものでなければ養われません。
だらだらと五月病に浸かり、鬱々とした日々は送らずに、少しの時間でやる気を取り戻しましょう。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!