気の緩みとおさらばできる3つの方法~事故を起こさないために必要なこととは~


日本において一生のうちに事故で亡くなる可能性は、0.3%というデータがあります。
一方、交通事故に遭う可能性(日本において80歳まで生きると仮定した場合)は44.1%です。
みなさんはこの数字をみて何を思ったでしょうか。

最近のテロや事故のニュースをみていると、何の罪もなくそれまで健康にふつうの生活を送っていた人が一瞬のうちに亡くなっていますよね。
確率論でいうと、日本においてはほんの1%にも満たない確率でしょう。
しかし、このような突然人が亡くなるということは、今この瞬間にもどこかで起きているかもしれません。

酒気帯び運転で看護師摘発


7月2日、静岡県の看護師が酒気帯び運転で摘発され、2か月の停職を受けたと発表されました。
報道によると、この看護師は午後8時から11時頃、友人とレストランで食事をし、ビール2杯、ワイン2杯を飲んだそうです。
その後、自分の車で仮眠をとり、翌日午前4時半頃、路上で呼気検査を受けたところ1リットルあたり0.15ミリグラムを超えるアルコールが検出されたとのことです。
ちなみに、どのくらいのアルコール量で検挙されるかというと・・・

呼気中アルコール濃度
☆0.15~0.24mg/l 違反点数13点(90日間の免許停止)
            3年以下の懲役または50万円以下の罰金
☆25mg/l以上     違反点数25点(免許取り消し、欠格期間2年)  
3年以下の懲役または50万円以下の罰金 

これらが「酒気帯び運転」です。
さらに、呼気中アルコール検出に加えて、「正常に歩けない」「ろれつが回らない」などの酒に酔った状態である場合、「酒酔い運転」では、違反点数35点(免許取り消し、欠格期間3年)で、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。
ちなみにこの「酒酔い運転」か「酒気帯び運転」かどうかは警察の判断となります。

さて、あらためて報道をみてみると、呼気中アルコール濃度が0.15mg/l以上の酒気帯び運転で摘発されています。
実際の数値については発表されていませんが、一度車内で仮眠をとっていることもあり、少なくとも「酒酔い」状態ではなかったようですね。

あなたは大丈夫?気の緩み


この報道をみて、あなたはどう思いましたか?
「運が悪かったな」と思いますか?
「飲酒運転なんて絶対だめ!」と思いますか。

今回事故は起こしておらず、勤務も当日と翌日はお休みだったようです。
だから良いというわけでは決してありませんが、こういった気の緩みは誰にでもあるのではないでしょうか。
特に看護師は、常に気を張り詰めて仕事をしています。
その緊張やストレスを保つのに身体への負担は計り知れません。
ふっとした瞬間の気の緩み、「これくらいいいかな」と思ってしまう体験は誰にでもあるのではないかと思います。

このような気の緩みが交通事故や医療事故の引き金になりうることは、常に考えておかなければいけませんよね。

気の緩み3つの解決法


それでは、どうやって気の緩みをなくしていけば良いのでしょうか。

☆オン・オフをはっきりさせる
☆時間を決める
☆自分を振り返る時間をつくる(客観的評価)

まず、何事にも大切なオン・オフ。仕事のときは、オン!ですが、オフで心身を休ませることも大切です。
常に気を張るから、ピンッと張った弦がぷつっと切れてしまいやすいのです。
気を張り詰めたあとは、緩めることにも意識を集中させたいですね。三交代の病棟のように勤務が終わって少し休んでまた出勤、というような場合には難しさはあるかもしれません。
「次に出勤するとき、あの人どうなってるかな」「そろそろ消灯の時間かぁ」など、自宅にいても仕事のことを考えてしまう人も少なくないでしょう。
しかし、そこは考えないように別のことに意識を集中させると良いですよ。
趣味の時間やリラックスタイムなどに費やして、仕事のことは考えないように心がけることでオン・オフのスイッチが入れやすくなります。

時間を決めるというのは、勤務時間内でのことです。看護師の仕事は「手早く丁寧に!」がモットーですが、時間配分を意識することでよりスマートに動けます。
ただし、時間ばかりを気にしすぎると、雑になりがちなので注意。
あくまで人対人の仕事ですから、患者さんへの思いやりも忘れずに。そして、勤務内でのメリハリを意識させておくと、気が引き締まりやすいですよ。

そして、自分を振り返る時間をつくるのが一番有効です。
振り返るといっても、ただ一日の行動を思い起こすだけではなく、「できたことを褒めること」が重要。何かご褒美を用意しておくのも良いでしょう。
例えば、日記のような長いものでなくても良いので、悪魔のささやきに負けそうになったことから打ち勝ったエピソードを書いて、それに対して自分のことを褒めちぎります。
ふつうに考えたら当たり前のことでも、褒めまくります。
これを繰り返すことで、できたことへの達成感や満足感が得られて、やる気の向上にもつながりますよ。

「油断大敵火がぼうぼう」
「蟻の穴から堤も崩れる」
「Security is the greatest enemy.(安心は最大の敵である) 」
人のために、自分のために、気の緩みには十分気を付けて今日もがんばりましょう!


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!