性差別のない社会とは

a1180_007047医療系のニュースを見ようとして「東大、京大などの名門校合格者出身校は、なぜ共学ではなく、男子校、女子校の合格者が多いのか」というニュースを見てしまいました。

単純に男女別学に伝統校が多いというのもあるようですが、21世紀に入って英国がデータを取ったところ、海外でも同じような傾向があるようなのです。ちょっと不思議ですよね、レトロな方式の方が結果が出ているという。でも、この話は目からウロコのような理由があるんです。

看護師さんは、女子高育ちと言う人が割といるのではないか、と思うのですが、学生時代にやりませんでしたか?スカートを持ち上げ、パンツ丸見えで「今日暑いよ~~!」というような行動を。男子校、女子校と言うのは異性の目がなく、かなりのびのび好き勝手がやれるので、男性が「女子高はさぞ、おしとやかな集団だろう♪」と夢を見ていると、実はほぼ正反対だった・・と言うのもよく聞く話です。

実は結果を残す上で、この環境が強みなのです。医療現場は医師が男性、看護師、女性というケースが、まだ多いですよね。そうすると、性別に対して無意識に気を遣うことになります。男子校、女子校の場合は、この「無意識の気遣い」がないのです。無意識の気遣いが、相手に対する尊敬ならいいのですが、多くの場合は「男性の前では、女性らしくしていなくては」というただの窮屈な演技であることが多いんですよ。良くも悪くも女性が女性らしくなるのは男性がいるから、逆も同じです。そして、最近のセクハラ系ニュースを見ているとお分かりのように「女性らしさ」など、性別をウリにするのは、どちらかというと自他ともにマイナスの方が多くなってしまうのが、今の日本なんです。「でしゃばり過ぎず、男性に好かれるように」と自分を殺し、「男性から見た女性像」に合わせようとするんですね。

・・で、女子校の場合ですが、性別に配慮する必要はありません。つまり悪い意味で「性差」という感覚を持たずに済むのです。高校生だと、共学の場合は「恋愛が1番大事」なんてことも珍しくはありませんが、女の園の場合は、女性だけで学校を運営していかなくてはいけません。「人としてどう生きていくか」に力点が置かれるのです。もちろんその中に恋愛、結婚も入ります。また女性の場合だと、あまりメンツや縦関係(地位)を重んじる傾向が無いため、かなりスムーズに現実的なことが決められます。逆に男性の場合は手続きを重んじることが多いですが、全員がその価値観ならそれはそれで早く物事が進むわけです。無駄に気を遣わず「どうすれば自分のベストを出せるか」ということに専念できるため、進学校の場合は、学問に専念~結果、高いレベルの大学進学率が上がるというわけです。

看護師も男性が増え始めてきましたが、やっぱり女性社会ですよね。ということは、目標に合わせて、全員で行動するということがしやすいのでは?と思います。よく考えたら、看護の世界に男性がもっといても不思議ではないのですが、女系が維持されているのは悪い意味で「女性らしく」いる必要がなく、そのおかげで女性の持つ特性を最大限に活かせるからだと思うのです。実力社会において、1番理想的な状況かもしれません。

ちなみに、男子校、女子校という存在に「性的差別」という意識を持つ人もいます。看護師という呼び名もそういった理由で「看護婦」から「看護師」になったような気がしますが、そういう人ほど、実は心の奥底で「男女の性別というこだわり」を持っていることが多いのです。

女性看護師しかいない病棟に、男性看護師が入ってきたとしましょう。そういうときに「男性がするの~?」と思う看護師はあまりいないと思います。おそらく、どうやって病棟の戦力にするか、どういう役割分担をするか、という現実的な発想がまずあるでしょう。(若いイケメンの場合は、騒がれたり、と、やや面倒が起きる可能性もありますが・・・)性別がどうのこうの、とこだわっている暇はないはずです。
このように、面白いことに、男女の世界で生きている人の方が「性別意識」が強く、本来の目的達成の前に「女性の地位」のようなことに、こだわってしまうのです。
そして「性別で人を差別するなんて」という意見になるんですね。

もちろん私も性別で人を差別するのは嫌いです。しかし、朝、採血に来る看護師が「異様~に愛想の悪い男性」と「若くて感じのいい、または、母親のようにとっつきやすい女性」の場合どちらがいいでしょう?男女問わず、おそらく後者だと思うのです。女性の持つ「縦より横つながり」感覚が病棟の雰囲気を明るくすることもあります。また女性だからこそ気付く患者さんの細かい変化もあります。

このように看護師さんは「女性社会」であるからこそ、逆に「性差別のない女性社会」を体現して、既にお手本になってしまっているようなところがあるのです。病気というもの自体が、差別の対象にされる出来事ですよね。そういった「差別だ!」と言われそうなものすべてに自然に対応している看護師という仕事は「性差別のない社会の見本」のようにも思えるのです。性別も、病気も「言われてみれば」と意識するような社会になればいいのですけどね。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

関連記事:男性看護師の現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!