幸せは自分の心が作る

couple_s毎日暑苦しいので、ちょっと素敵な話を暑中お見舞い代わりに書くことにします。

海外の某医療機関で、4歳のガン患者の少女と看護師が結婚式を挙げたという動画がニュースサイトに流れていました。なかなか綺麗な女の子で、ぜひ成長して、もっと多くの人の中から「本物」を探してほしいと思います、と言いたいのですが、この相手の看護師さんが、マッチョなイケメンさんなんです。日本の医療機関にこういうスポーツ系のかっこよさを持った看護師さん、なかなかいませんね(笑)
理学療法士さんにはいそうですが、「イケメン」をクリアできるかどうかは・・。この看護師さん、そのうち患者さん同士で取り合いになったらどうしよう、と心配になります。

それはさておき、医療機関という真面目な場所も、色恋と無縁ではありません。むしろ患者さんはすることがなく、色々な人と顔を会わせるのですから、普通の人より恋愛感情を持つ機会があるかもしれません。看護師もまた然り、男性が混ざるようになったとはいえ、多くの病院ではやはり女性が主体、こっちは出会いがないからこそ、探してしまうのですねえ。でも、看護師ほど、結婚向きな職業も無いと思うのですが。

まずこのご時世「自分の稼ぎで食わせてやる」タイプの男性はあまりいません。いたとしても「俺様」になりそうで、病院で「白衣のナース」を演じる身としては、ちょっと面倒くさいですよね。昔の結婚相手の条件は3高(高身長、高収入、高学歴)でしたが、今は4低(低姿勢、低依存、低リスク、低燃費)とのこと、何かいてもいなくてもいいように思うのは私だけでしょうか。と思っていたら、最近は3強にシフトしたとのこと、健康、不景気、結婚生活の理不尽に強いこと、だそうです。平たく言えば、自衛隊員、警察官になるようです。ほぼ同性しかいない職場である点は看護師と同じなので相性はいいかもしれませんね。

それにしても昨今の結婚への要望は「プラスにならなくていいので、マイナスを持ち込むな!」という要望ですね。やはり、仕事を継続できる看護師は有利な気がします。まず、自分の仕事がはっきりしているうえに、目標がありますね。こういう人の場合、他者に無いものねだりはしにくい傾向があります。まずい例が、時々精神科などでもみられますが、親が子供に自分の人生を託してしまうといった、他人に自分の生き方を押し付けるといった行為です。こういった行為は結婚においてもマイナス要素です。その点、自分の生き方がはっきりしている看護師は、自立していていいですね。

もしかすると、20代の看護師さんの中には「結婚すれば、今の理不尽な仕事環境から逃げられる」と思い婚活している人もいるかもしれませんが、逃避の結婚というのは、上に書いたように相手に理想を押し付けてしまいがちです。つまり、人生の障害を人のせいにしている以上は、環境を変えたところで、あんまり意味はないということです。もし今恋愛と、仕事でうまくバランスが取れている場合は、そこで満足しておくという手もありますよ。ただし、子どもを持つか持たないかという問題があるので、その点だけは、早目に考えておきましょう。いくら生殖医療が発達していると言っても、若いうちの自然妊娠にかなう方法は、現在はありません。

この点も看護師は有利です。他の仕事に比べて再就職口が多いからです。また他の仕事と違い、臨床経験を積んでから専門看護師を目指すなど、就職しながら勉強が出来るという特徴もありますね。早目に結婚、出産をして、育児を終え、ゆっくりキャリアを積むという理想の生き方が可能になります。また単純に、看護師=健康、頼りがいがある、と、相手やその家族に好感を持ってもらえそうです。そう考えて見ると、不況の反動で、意外に結婚志向が強かったりする現在「結婚出来る仕事」として、看護師と仕事をアピールすると、看護師不足も多少は解消されるかも。

いずれにしても、先に書いた結婚の条件「足を引っ張るな」はおそらく、男性側も言いたいことだと思いますので、きちんと自立することは不可欠ですね。そう考えますと、看護師という仕事は時代の最先端と言えます。先に書いた女性版「3強」になりますからね。しかし、恋愛感情は本能的なものとしてわかるのですが、結婚という形は、そこまで重要ですかねえ。子供は、持てるなら持った方がいいかもという気がするので、「親子」「家族」という形式にこだわらなくてもいいと思うのですけどね。むしろその方が、自立心や助け合いがうまく機能するのではないかと思うのです。

今回の文章は「独身の女性看護師さんの里帰り対策」として書いてみました。あまり対策を書いていませんが、親に「結婚は?」と言われる風潮はまだ残っている今、もう少しすれば、「結婚はさておき、孫は?」に変わるかもしれませんね。その後はどうなっていきますやら。

いずれにしても、恋愛や結婚は幸福を得るためにすること、ちょっとそこで不幸になっているかも、と思うときは、この夏ゆっくり考えて見るのもいいかもしれません。この4歳の女の子のように、結婚で免疫を上げる方向に行きたいものですね。幸せは形ではなく、自分の心が作るものですから。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

関連記事:男性看護師の結婚事情再就職研修制度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!