医療の啓発活動とお薬手帳

carpお薬手帳は、医薬分業=医療機関に主体性を持って利用してもらうという考えに基づき『薬は自分で管理意識を持つ』という理念自体はいいなと思っていた所で、調剤の報酬が減る案などが持ちだされるなど、せっかくの存在意義が解りづらくなっておりました。・・・が、最近「カープお薬手帳」なるものが人気だとか。
実はカープファン(女子というには難のある年齢・・)なので「これはよい!!」と、うらやましいのですが、一般に広めるのには、こういう形が1番ですねえ。もちろん球団の許可を取らなくては、グッズ販売は出来ないのですけどね。

この手帳、薬局でもらうシンプルなものではなく「健康への道」というようなフレーズが大書されていたり、となかなか面白そうな一品なのです。こういう手帳だと、まず持っている本人の意識が違います。失くしたくないでしょうし、薬局ではぜひこれを出してやる!とも思えますよね。そうなると、手帳を巡って薬剤師と手帳所持者の会話が生まれます。すると、薬局の人が相手を覚えやすくなりますね。
またカープ手帳を持つということだけで、相手の性格も解ります。少なくとも野球好き、もしくは広島県大好き人間、面白いものには乗る性格・・なんて、ことまで、解りますから、相手を知る大きな手掛かりになることが期待されます。

ところで、この手帳について調べたおかげで解ったのですが、お薬手帳は自分で買えるのですね。カープ手帳もアマゾンに売られています(1冊約100円なり)どうやら、お薬手帳に、決まった書式は無いようです。
最近、持ち物をデコったり、手作りすることが流行っていますから、自分で適当なメモ帳を買ってきて、かわいらしくする、ということも出来ますね。更に言うと、バインダー式でもいいかもしれません。あまり閉じる必要のない量にとどめたいものですが(-_-;)カープ手帳のおかげで、そんなことにまで気づいたりするのです。

このネット社会でも「女子」は、プロフ帳などを作り、カラーペンで可愛くデコったり、マスキングテープで飾ったり、と、趣向を凝らしています。また家計簿なども、色々なノートや付け方が良く載っていますよね。
家計簿の場合は、家計が苦しくきちんと管理したい!という切実な想いに基づいて、かもしれませんが、とりあえずかわいいものを買ってみる、とか、ネットで一括管理してみるなど、手がける達成感が面白いので「家計簿をつける」という行動があまり風化しないのでしょう。

そもそもお薬手帳は、薬の記載欄~薬局でもらったシールを貼るというのが最低限の書式ですが、これでは何のことか解らない場合もあります。「私の病気の歴史」「予防接種記録」なんかを書く場所があってもいいと思いますし、救急沙汰になったら呼んで欲しい人を書く、また「怖いタイプの医者はいや」などの希望を書いておく、と、病院にかかることになったときの希望を書き放題に書けるのです。

過剰な場合は、見る方が迷惑するかもしれませんが、情報が足りないよりはマシです。
そもそも色々な医療機関にかかったり、複数の病気を持っている人の、動線整理のための手帳なんですから、「マイ」何とか(どこかで聞いたような・・)を楽しんで作り、誰でも持っている、となるに越したことはないのです。更に先にも書きましたが、カープ手帳で話が弾む薬局があった場合、その薬局に再び行く確率、そしてかかりつけ薬局になっていく可能性は高いです。

一般に役所からの通知が来ると、文書作成や送付の手間がかかる上に、受け取った側も堅苦しい雰囲気に「まあ、いいや」と思いがちですが、楽しさが加わると、がぜん民間の動きが良くなり、当事者意識を持つことが出来るため、医療機関を利用する人がいろいろ使い勝手のいい知恵を出してくれるようになるという、いい循環が作られてきます。

このカープ手帳、一部では無料(調剤の報酬が発生すると思われるので、厳密には違いそうですが・・)でもらえるとのこと、最近は通帳やカードの柄も選べるようになっていますよね。「選ぶ楽しみ」も加わるとなおいいですね。診察券も年齢により、色や柄を変えるなどしても、高齢者の方には覚えやすく、多少楽しい気分になるかもしれません。・・かといって、あまり診察券をマメに使うのは好ましくはない、という矛盾はあるのですが。

さて、お薬手帳、喜んで持ってもらうのはいいのですが、個人のデータ管理やビッグデータに置き換えるようなことは、おそらくまだ進んでいないでしょう。手帳自体の普及がかなり進んでいない状況でしたから。今後はそちらに力を入れていくことを考えるべきですね。
処方箋のデータは、個人に2重に薬を出したり、出し過ぎによる危険性を防ぐ意味が1番大きな点だと思います。せっかく手帳が普及し始めているのですから、今度は医療機関側がきちんと手帳をチェックして、その人に必要な点を指摘できるようにしたいものです。そうなって初めて、「こういう手帳があるといいんだねえ!」と思ってもらえるのですから。

最後に・・この野球シリーズ、12球団分が発行され集める人などが出てくるのでは、と思っちゃいましたが、医療の啓発活動はそのくらいまで親しまれるくらいでちょうどいいのかも・・と思います。薬局に来た人にカープシールを貼ってあげるなんて言う遊び心も、少し期待しています。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!