医療における地域差

omimai週刊現代のガン特集記事に、がんの地域差の話が出ていました。時々ネタ的に出てくる話ですが、西側に肝臓がんが多い理由は元々、医学部が多い=注射針の使いまわしも多い=C型肝炎多発、ということが書かれており、なるほどです。ガンの原因っていろいろなことが言われますし、結局個人差が大きいので、地域差と言うのも血液型占い的に見てしまっていましたが、明らかな要素もわりとあるんですね。

日本海側の胃ガン=塩分過多も多少頭に入れておいてもいいかもしれませんね。またこの記事には触れられていませんが、一部のがんには遺伝性のものがありますね。もしかすると、遺伝的要因の多い地域があるかもしれません。

こうして考えて見ますと、地産池消のごとく、医者は地元密着の方が良いような気がします。そもそも人の気質もあります。あんまり個人的なことを話したがらない人が多い土地では、不要に問診が多くてもいいかもしれませんし、ご家族が看病を抱えがちになっているかもしれないので、患者に関わる人に気を配るなどの工夫が出来ますね。

また先に書いた、日本海側の塩分過多の理由は寒かったり、利便性が悪かったりで、漬物などの保存食が多いせいだとか、今のご時世、代案がいくらでも出そうです。更に言いますと、漬物の代案は「ご当地産物」としてよその土地にアピールできる可能性もありますね。「塩分過剰な地域だからこそ出来た!」というキャッチフレーズは、共感してもらえそうです。

医師、看護師の地域密着は、このようにメリットが大変多い気がします。しかし、密着してもらおうと思えば、地元に医学部併設の大学が必要~人口密度にバラツキが出る気もします。しかし東京の一極集中が叫ばれる今、47都道府県に1つ医学部があっても、流出していく人の数や医学部県外入学者の数を考えると、自動的にバランスが取れないかと思うのですが、関東近郊が現在「医療過疎」と呼ばれているところを見ると、やはりもう少し考えた方がいいかもしれません。関東近郊は、この地域性を考える時に大変ややこしい場所でもあるのです。

東京は地方から多くの人が、進学、就職に来ます。関東近郊に住む人に、あまり「埼玉生まれ、埼玉育ち」みたいな人はいません。しかも、例えば埼玉の場合「埼玉都民」と呼ばれる、事実上、東京にいる時間が長い人もたくさんいます。また家は埼玉だが、父親=東京、母親=埼玉、子ども=神奈川と言うケースも少なくはないわけで、日本人の10人に1人と言われる首都圏の人間が地域性においては1番ややこしくなるのです。実際こういう「地域差」もので、東京は登場しにくいですよね。

そもそも生まれた県の割合、義務教育まで住んでいた年齢の県の割合などもまったく謎です。「地域性分析」の雑誌を作っているおひざ元が1番危なっかしいのです。とはいえ、東京の場合、根っからの首都圏民、もしくは東京人と、地方から出てきた人、一時的に住んでいる人の3つに分類は出来ると思います。この分類で「東京ローカル」な医療を考えて見るのも効果的かもしれません。

医療と言うのは、人生の中枢に首を突っ込むような行為です。そして、毎日満員電車に2時間の人と、2時間に1本のバスの人とでは、おのずと生き方が違ってきます。また満員電車育ちの人は、人が多い方が落ち着くでしょうし、逆の場合は、静かすぎる方が落ち着くかもしれません。出身地や育ちの分類と言うのは、人を見る効率が割といいように思うのです。(人に対して効率と言う表現を使うのも好きではないのですが・・)

少なくとも治療中に、安心感が得られるかどうかで、免疫力自体が違ってくるでしょう。その人に合った医療と言うのは、本人からしても納得がしやすいですから、頑張りが効きやすいです。また、実際の効果が出る可能性も高そうです。経済的困窮~医療費抑制と言われる中、地元や育ちを意識する医療と言う考えを広めてもいいと思います。と同時に「東京」も1つの街なわけで「ローカル都市東京」をもう少し考えて見てもいいのでは、と医療分野以外でも思うのです。

地方民の私から見て感じるのは、東京や都会、金銭的に恵まれているという状態を、誰でも好むかのように思われますが、違います。お金は必要な金額あればいいのです。都会の場合「金で解決」の部分が広くなるため、金銭的に換算すると、かなりの金額必要なイメージがありますが、ローカルエリアは人手でカバーできますし、不況が長く続く中、お金=幸福という価値観は薄くなりつつあります。地方創生という言葉があまり歓迎されないのも、東京という街自体が1番自分の街の地域性を考えず、他人事のように言っているように思われるからでしょう。東京と言う街が「巨大首都」ではなく、もう少し具体性を持った街になれば、地域性を活かした医療を始め進んでいくことが多くあると思うのですけど。

食料自給率1%の街というのはあまりないものです。ちなみに肉薄するのが2%の神奈川、大阪同率2位とのこと、この点をとっても地域で医療の方法は全く違うと思うのですが。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!