勤務表の思い出

看護師 勤務表

とらみちゃんが派遣看護師で出張中のため、とらみちゃんのおともだちに執筆していただきました。

今回は趣向を少し変えて、看護師の「勤務表」について書いてみたいと思います。

「看護師のベストセラーは勤務表」という言葉を聞いて「その通り!」と画面越しに頷く、もしくは思わず吹き出してしまう看護師さんは多くいると思います。
まさにわたしもそのうちの一人です。
勤務表が出るであろう時期になると、毎月ソワソワしてしまいます。
休みが勤務希望通りに入っているか、一緒に組む相手は誰か、連勤するなら何日続くのか・・・等。
交代制勤務に従事していると、いわゆる暦通りの休日をとることが多い、会社員の家族や友人とは休みの予定が合わせづらい、なんて問題もあります。
プライベートの予定を組むとなると、余計に食い入るように見入ることもしばしば……。
自分の希望が危ういと、変わってもらえそうな人に交渉してみたり(私はこれが苦手で、泣く泣く諦めるタイプでした)連勤と休日の間隔が微妙だと、無意識のうちにもっと過酷な人を探して、自分を慰めてみたり(笑)。

看護師 患者 病棟
ひと月のモチベーションにも直結するといっても過言ではない、この勤務表。
看護師として経験を積み、現場でリーダーに準ずる業務に携わるようになると、眺めているだけではすまなくなってくるものですよね。
いつだって現場は看護師不足で人員に余裕はないので、穴をあけないように頑張って働きます。
ですが、看護師だって人間。
本人の体調不良はもちろん、親族のご不幸等、やむを得ない事情で突発的に休まなくてはならない場面も出てきます。
その時にもし、自分が調整しなければならない立場だったら……。
今回は、私がはじめて勤務表を調整した時のエピソードをお話ししたいと思います。

かつて私が勤めていた病院では、休日の間隔や夜勤の数等々、勤務表を作る際の細かな決まりごとがありました。
経験年数が長くなると、誰に教わるでもなくその決まりごともなんとなくわかってくるものですが、リーダー業務を行うようになってくると、その決まりごとについても看護師長から教わる機会もありました。
初めて教わった時には「面倒だ」とげんなりしたのと同時に、この決まりごとに則りながら、新人やら看護師各々のスキルやキャリアを踏まえた上で勤務表を毎月作っている師長はすごいと思いました。
何も知らずに「今月辛いわ」等と言っていたことがちょっと申し訳なくも感じたりしました。
でも、自分が調整するのは遠い未来だな、くらいに悠長に構えていたのです。

その頃、私は3交代のある病棟勤務でした。
週末か祝日のある日、私はリーダーで、病棟も最低限の看護師しかいない日でした。
週末ですが、ベッドは結構埋まっています。もちろん師長はお休み。

看護師 電話対応
病棟に入って日勤の準備をし始めようとしたとき、一本の電話が鳴りました。
一人の看護師が、体調不良でやむなく休みたいとのことでした。
その看護師は夜勤入りでもないし、看護師一人分なら仕方ない。
代わりの人を探すのも大変だと言うことで、残ったメンバーに割り振っていたところ、日勤の一人が出勤早々「親族に不幸があったから明日から忌引きをさせてほしい」と……。
やむを得ない事情ではありますが、その方は深夜入り。
調整するとなると、数日分のシフトを大幅に動かす必要がありました。
ただ、その日ツイていたことと言えば、日勤看護師が珍しく中堅勢で揃っていたこと。
頭を抱えている私を見て、夜勤を代わると申し出てくれたり、調整の間は、その日の私の受け持ち患者のケアを引き受けてくれたりと、多くの協力を得られたことでした。
ただ、前述の通り、細かい決まりごとをクリアする必要がありました。
休みの方にも数件電話をし、調整が無事に済んだのは1時間半後。
終わった時にはぐったり、という表現が的確なぐらい、本当に頭と気持ちが疲れたという状態になっていました。

その時にふと思い出したのは師長の言葉。
「時には心を鬼にしなきゃいけないこともあるのよ」ということでした。
というのも、調整している時にどうしても休みの間隔や担当するであろう業務の負担量を、どこかしらで考慮してしまっているのです。
そのため、選択肢を自分で縮めていく一方でどんどん追い込まれていきました。
時には「情」を捨てて、現場である病棟を整える必要性。
看護師が揃うことが、業務効率を整えることにつながるのかな、ということをなんとなくわかった気がしたのです。
はじめての勤務調整を終えて、師長の言葉の意味を痛感し、改めて勤務表を作る師長のすごさを感じたものです。

看護師 ガッツポーズ
あの経験を得てからしばらく経ちますが、何度やってみてもこの難しさをクリアするのには、まだまだ時間がかかりそうです。
看護師のベストセラーである勤務表の裏側には、師長や先輩方の多くの苦労や努力があります。
そのことを重々に承知しているはずなのに、毎月勤務表を見るたびに「あー、今月は厳しいなぁ」「よし、希望通り!」と心の中で一喜一憂しているわたし。
心の中だけでなく、時々愚痴になって口から出てきてしまうこともあります……。
この記事を書きながら、もう少し精進が必要かもしれないなぁ・・・と、少し振り返るきっかけにもなりました。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!