内向的な人、シャイな人との付合い方

haisetu2先ほど「内向的な人=シャイではない」という記事を読んでおりました。ちょっとアスペルガー的な私はまさにここに当てはまるのです。意外に当事者以外は解りにくい感覚かもしれない、と思うので、ちょっとご説明。

単純に内向的な人、というのは、人疲れすることが多いのです。決して人が嫌いというわけではなく、にぎやかさに疲れるのですね。外的刺激に対する耐性が弱いのです。ですから、世間には雑談は好き、重い話は嫌い、という人の方が多いかもしれませんが、内向タイプはマンツーマンの会話の方を好むのです。要するに「自分の世界でマイペースにしている」ことを好む人たちであって、人嫌いではありません。刺激をどの程度求めるかは、その人の性格によると思いますが、飲み会やスポーツ観戦、お祭りなど「刺激に対する心構え」が出来ていればOKという人も多いです。

同じ理由で、スピーチや作品展示を苦にしないタイプも多いですね。シャイな人というのは、病的な域に入ると「社会性不安障害」と呼ばれますが、いわゆる対人恐怖的な面を持つ人のことです。ですから、人目に合わせるべくパッと見は、それなりに外向的に見えることも多いですね。でもシャイな人は、人目を気にするので、外の世界での緊張感が高く、疲れてしまったり、また人1倍対人関係に神経を使うため、そこで疲れてしまい、インドアになる人が多いのです。

というような話を書いてみたのは、患者さんも、こういった個人の特性を理解されていないケースが多いのでは、と感じたからです。単発外来受診であればまだいいのですが、入院している人の場合、出来れば理解されている方が、お世話する方、される方共に気持ちよく過ごせるでしょう。あまり口を聞いてくれない患者さんには「具合が悪い」の他に、「対人恐怖」「自分の時間を邪魔されるのがいや」はたまた「看護師の存在自体がどうでもいい」と、色々な理由があると思うのです。口を聞いてくれないから、四六時中放っておくと良いというわけでもありません。そもそも検査などで、放ってはおけないはずです。

対人恐怖の患者さんの場合「同室の皆さんに好かれていますね」など、自信を持ってもらうことが大事、また看護師に対して構える必要はありません、とアピールすることも大事です。というのは、こういう性格の人の場合、遠慮が過ぎることが多いのです。「大丈夫です」を信じていたら、取り返しがつかないことに、ということになりやすい人でもあります。「この程度痛みが出てきたら“必ず“教えてくださいね」と言っておくと「言わないと迷惑になるかも」と思われるかもしれません。しかし、ここまで言っても遠慮するタイプはいるもの「言わないと迷惑しますから」と、はっきり言ってもいいかもしれませんが、「以前言い忘れたかも」と悩まれる可能性もあります。優しさは忘れずに~。

対して、自閉系のマイペースの人の場合「具合が悪いです」と、はっきり伝える傾向にありますが、すぐに来てくれない、ということに人並み以上にイラつく可能性があります。そしてそのストレスが人1倍強く、そのことだけで疲労=病状悪化となる可能性もありますね。アスペルガー傾向が明確にある人の場合、文字にして渡し「こういう事情で時間が前後することがあります」と添えておけば、だいぶストレスは減るはずです。

どちらのタイプも普通の人以上に個室を好みますが、精神状態は大きく違うのです。またどちらの場合も、放任=見捨てられたのでは・・という不安を感じる点は変わりません。肉体面で病気を得て、心細くなるのは誰でも同じです。また外向的な人でナイーブな人もいますが、こういう人の場合空元気を演じたり、大部屋でリーダーになれないと苦痛を感じることがあったりします。

病気は基本的に本人の免疫力が最大の頼み、性格を活かすようにすれば、入院時のトラブルも減り、ウインウインになるはずです。逆に、良かれと思ってしたことが相手の性格と全く一致しなかった場合「あの病院の看護師って気が利かない」と言いふらされたりすることもあるかも。この辺りは日常的なお付き合い一般に言えますが。

看護師は人のサポートをするのが大きな役目ですが、一方通行では本人のストレスも強くなります。たまにこのような性格に関する記事を読み、似たような患者さんを思い浮べてみると勉強にもなりますし「そうだったのか!」と解決の糸口があったりするかもしれません。ただし、たまにこういうことを意識しておくと良いというだけで、神経質になる必要はないでしょう。それこそ看護師だって、心の容量には限界があります。パンパンになっている看護師は、接する患者もつらいもの、誠意を尽くして頑張ることが本筋です。

先に書いたことはあくまで、ちょっとしたハウツー、知っていても困らないという程度の話、でもこういうものを読み、臨床で患者さんと接することで看護師さんの最大パワー、患者さんからの「いてくださってよかった!ありがとうございます」を聞ける確率は上がると思うのです。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

関連記事:病棟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!