人に影響を与える医療ドラマとは

ope_2マイナージャンルな医師ドラマが出てくるようになって久しいですが、ついに病理医登場、「フラジャイル」というTOKIOの長瀬君が演じる病理医の話です。
・・最近、夜中に原稿を書くことが多く、こういうドラマを殆ど見られないのが、仕事の上でもやや残念なのですが(趣味として、残念なのも否定しません(笑))

さて、病理医、一応説明しますと、がんの疑いのある細胞診などをする医師です。生検~血液検査なども仕事の範囲ですね。つまり、今までは臨床現場勤務ではあるのですが、完全なバックヤード、患者さんと接することが無い医師、その世界をややドラマチックに書いていく、ということのようです。

そして、さっそく出ました。現場の皆さんからの「このやり方、判定はあり得ない」
これは、必ず出てくると思うのですね。医療ドラマがリアルになった1番大きなきっかけは「チーム、バチスタ」だと、個人的には思うのですが、バチスタ手術に関わる話は、最初だけで、後は特に心疾患には関係なかったりするのです。

専門家の立場から「方法がおかしい」などのクレームが来るのは、いいことだと思います。インターネットのご時世、そういう部分が知りたくて検索する人もいるでしょうし、そもそもドラマはある程度、揚げ足を取られるのが普通です。「時代考証がおかしい」といわれるドラマは、もはや当たり前ですよね。でも、ドラマはそこに捉われず(正当な意見に耳を貸すことは大事ですが)病理医の果たす役割や、バックヤードで働く人のリアリティーが出ればいいのではないかと思うのです。

そういう意味では、まず病理医に「長瀬くんはいない、更にあのカッコイイファッションと雰囲気は更にいない」ということになりそうですが、これは逆で、むしろ病理医から遠い長瀬くんが演じることで、視聴者が見ようと思い、かっこいい人が演技をするからこそ、魅入られる、そうすると人物やストーリーに感情移入しますから、自分も病理医の世界に少しだけ入れたりするのではないでしょうか。
本筋を取り違えているのは問題ですが、正確な描写というなら、病理医の密着ドキュメントをすればいいこと、でもそこに関心を持つ人はあまりいないような気がします。

私自身も生検や放射線技師など、フォロー側に回っている医師や技師の世界はあまり知らないのですが、ガンの判定ミスというのがよくありますよね。細胞診というのは、その程度に難しいことではあるでしょうし、そもそも連係プレーです。手術中にいきなり病理判定を指示されたり、急変した患者さんの生検を任されることもあります。しかし、そもそも指示自体が正しいとも言えないのです。

例えば、がん細胞の隙間を縫って採取された「正常細胞」は、正常の判定になりますよね。ただ実際の病理医は、患者の背景などをある程度、解るような場数を踏んでいると思われるため、直感で「サンプル自体がおかしいのでは」ということもあると思うのです。こういった理不尽、誰のせいとも言い切れないというより、特定個人の責任にすることに意味が無いような状況は、どんな社会でも起きると思うのです。

あの「半沢直樹」を見ていた人の多くは、特に銀行には関係ない人のはず、でもあの「マネできない正義感」や、周囲にいる人の、ちょっとした理不尽な対応をせざるを得ない部分への共感などが大ヒットを生んだのではないでしょうか。今話題の「あさが来た」も同じようなことが言えます。これだけ、いろいろなことに手を出し成功する女性というのは、現代でもいません。実在していたのが「びっくりぽん」なくらいですが、「女性が働くということ」をうまく軸にして、朝に楽しい勇気をもらえる部分が足されているからこそ、大ヒットなのでしょう。誰も「あささん」にほどになりたいとは思わない代わりに、この自由が欲しいと思う人は多いと思います。

やや脱線しました、病理医やバチスタ手術の医師も同じ、基本的に「憧れるかっこよさ」を身に付けたフィクションの存在=ドラマならではの演出、を軸に、病理医の姿、また現実には違うけど、こういうことをやれるようになってほしい、というようなことをリアルに書いていくことで、関係のない人の関心を引くのです。
そもそも、このご時世、あまり職業ドラマの詳しい考証部分が100%正しいと思って観る人もいないでしょう。それよりは「中途半端に助かるくらいなら、なぜ治療なんかしたんだ」と患者に言わせ、そこで何かを考えてしまうような、ドラマを見ているときだけでも「他人ごと」とは思わせないような、部分を、きちんと書いていることが大事です。

実は私は学生の頃から、体が虚弱、よく総合病院に入院しておりましたが、夜寝られず外を見ていると、終日明かりが消えないのが「生検の部屋」そして「重度患者さんと思われる人の部屋」です。救急も時々観に行きましたが(寝ていない所が、不良患者ですねぇ(一一”)・・夜中に皆、真剣に動いている、生きるリアルがそこにある、学生=こどもだっただけに非常に印象的でした。医療ドラマも、ドラマをきっかけに新しい視点を持ってもらう、何かを考えてもらう・・人生に少しでも何か影響を与える・・そういう話が増えてほしいものですね。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!