ノロウイルス大流行!全国で警報レベル

洋式トイレ
また、ノロウイルスの季節がやってきました。
毎年この時期になると、インフルエンザやノロの脅威にさらされますよね。特に看護師として働いていると、感染した患者さんを相手にしますので、リスクも高いですよ。そして、職員がひとりでも感染するとそこからバタバタと感染者が増え、仕事も大変に・・・

わたし自身も去年ノロに感染したのち、インフルエンザになりました。本当につらかったあのダブルパンチ。そして、復帰したときの職場の状況を思い出します・・・
今年は絶対にかかりたくない!そう思いながら、感染対策を講じているまっただなかです。

冬は風情もありますが、寒いし感染症が流行るしなので、雪解けが待ち遠しく思うわたしです。
早く暖かいお日様を浴びたい!

ノロウイルスが大流行!餅つき自粛が増加する幼稚園

餅つき
さて、現在のノロの状況はどのようなものかというと、この時期としては平成18年に次ぐ過去2番目の流行だと報じられています。
平成18年、あのときのノロウイルスは本当にすごかったですよね。
患者さんも職員もバタバタとノロウイルスにやられた記憶は今でも鮮明に覚えています。
あの大流行があってから、各病院や施設でもノロウイルス対策に磨きがかかったのではないでしょうか。
この時期になると、毎年ノロウイルスに注意を払うようになりますが、病院や施設だけではなく、飲食店やデパートなどもそうですよね。

幼稚園や保育園も例外ではありません。12月頃から園児たちの餅つきもかなり厳しくされています。餅つきが中止となってしまったところも多く、実施してもついたお餅を食べないところ、マスクや消毒を徹底して、さらにお餅は加熱して食べるところなど、対策も様々です。

こどもの頃、餅つきが大好きだったわたしにとって、イベントを楽しめないこどもたちのことを思うと残念です。
しかし、餅つき後「ノロが出た~」とニュースになっている地方も多く、なんとも複雑な気持ち。
ウイルスにおびえることなく、日本の伝統やイベントは大切にし、こどもたちへ伝えていきたいなぁと思います。

警報レベルの都府県も!

ウィルス 感染
一方、病院でのノロウイルスの報告も増えています。
栃木県壬生町の獨協医科大学病院では、入院中の患者さんと看護師合わせて167人が下痢や嘔吐の症状が出ました(12月25日から27日まで)。重症となっている患者さんはおらず、快方に向かっていると報道されています。

1医療機関あたりの患者さんの数は、山形県で47.27人、宮城県で34.08人、埼玉県で31.66人、宮崎県で30人、富山県で29.24人などと、21の都府県で警報レベルの20人を超えています。

ノロウイルス警報レベルの都府県

山形県・宮城県・埼玉県・宮崎県・富山県・東京都・愛媛県・福井県・神奈川県・千葉県・兵庫県・香川県・三重県・静岡県・大分県・茨城県・福島県・大阪府・愛知県・長野県・岡山県

病院のノロウイルス対策

看護師 ウィルス 感染 対策
病院で働く職員にとって、感染力の強いノロウイルスとの闘いは大変です。
病棟でひとりでも疑わしい患者さんがでた場合、個室に隔離してトイレを分け、次亜塩素酸での消毒はかかせません。
わたしたちも手袋、マスク、エプロンを着用して感染を防ぎ、他の患者さんにも移らないように気を付けますよね。

また、面会者にも注意を払い、下痢や嘔吐などの症状がある場合には面会禁止を呼び掛けるなどの対策がとられます。
獨協医科大学病院では、入院患者さんの面会を原則禁止するという措置をとりました。

わたしたち看護師も、普段以上に清潔には気を使いますよね。
手洗いやうがいは徹底して、仕事が終わって自宅に戻るときも手洗いなどを徹底しているのはわたしだけではないはずです。

仕事中、いつもならちょっとくらい髪が乱れていてもかまわず走り回っていても、感染対策としては「髪の毛一本でも守りたい」とピシーっときめたりしますし、手洗いだっていつも以上に衛生的手洗いです。
トイレにも気を配る始末。
ウイルスは目に見えませんが、「ここにもいる!」「あっちにもいる!」と思いながら、対策を講じなければいけませんよね。

しかし、ここまでしてもノロウイルスはやはり強敵。
どんなに頑張っていても、感染するときは感染してしまうのです。

もしも感染してしまったら、迷わずおやすみをもらいましょう。
「今は仕事が忙しいから少しでも戦力になれば・・・」と考える必要はありません。
最初はただ「ちょっと気持ち悪いかなぁ」くらいでも、ウイルスの増殖力はすさまじく、急激に激しい下痢や嘔吐に苦しむことになる可能性大です(一度、かかったことがある人ならおわかりかもしれませんが・・・)。

年末年始で人が集まる季節、今後も感染の拡大が予想できます。
わたしたち看護師は清潔観念や知識はバッチリなはずなので、感染拡大を防ぐとともに、自身の体調にも気を配ってこの季節を乗り越えましょう。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!