ネットリスクと人の尊厳

emblem五輪エンブレム騒動ついに取り下げ、何となく後味悪く感じます。元々デザインというのは、漠然と好き嫌いで判断するのが一般の人の感じ方、しかし、今のご時世パクリなどが容易に見つかるようになり、デザイナーの背景など知らなくてよかったこと、知ることが無理そうだったことまで、解るようになり、そういう意味で、一般の人の物を見る目が厳しくなってきた時代です。

でも、そのため、当初の某酒造会社の景品くらいまでは、何となく納得する雰囲気もあったのですが、その後の炎上、袋叩きは、エンブレムの問題なのか、特定個人が問題なのか、焦点が解らなくなっていたように思います。「何だか知らないけど」と行うフィーリングのヘイトスピーチみたいなものですね。
ノリとしてはゲームのラスボスを倒す感覚だったのかもしれませんが、この人の背景には普通の生活や家族がいるという想像はどこに行ったのでしょうね。

今回は医学から全く関係のない話でスタートしましたが、ネット炎上で本当にやりたいことが阻害されるということは、もはやすべてのジャンルに言えるのだと思います。

今回のエンブレム騒動についていうと、そもそも国立競技場騒動の辺りから「日本人で東京五輪を心底楽しみにしている人がいないのでは?」という印象を受けましたが、エンブレム騒動もデザイン云々が先に立ち、「大事な東京五輪」を守りたい、と誰が思っているのだろう?と思います。個人的にはあまり気乗りしないイベントなのですが。

このご時世、ネット炎上的なことは避けられません。逆に企業の不祥事などがいろいろと出てくるのも、ネットのおかげでしょう。ですから、医療現場もネット社会に対応すべく、きちんとした広報対策を考えるべきだと思うのです。しかし、これはあくまでインターネットという技術やそこから起きる騒動への対策、リスク管理の問題です。今回のエンブレム騒動についていうと「誰も五輪やエンブレムを大事に思っていない」という基礎部分に問題があったように思うのです。

何のために情報開示をするのか、というと、エンブレムなら作った人間の責任をはっきりさせ、より一般の人にエンブレムに親しんでもらう、そのことで東京五輪をより盛り上げてもらうというのが主旨ですよね。つまり、根底には「東京五輪開催への愛情」が欠かせません。しかし、今回の問題はそこがすでに怪しいと思うのです。

ネットの力は巨大です。今回のようにゲームのごとく、しかも本末転倒に何かが変わってしまうことも、今後は多くなるでしょう。それに対応するには、先に書いたネットのリスク管理、そして何より医療現場の場合は「患者さんに心地よい環境で生活してもらうサポートをする」という医療の基本を忘れてはいけないということです。

木を見て森を見ずという格言がありますが、森がしっかりしていれば、いつかは信頼が取り戻せます。医療現場も最近は最新技術の導入など、明るい話題をいろいろ提供しつつ、一方で老人漂流社会というテーマが多く語られていたりします。でも大事なことはどちらも「生きている人に、より幸福に暮らしてもらいたい」ということ、技術の進歩も、ネガティブな状況の問題提起もすべてそこから来ているのです。医療に1番大事なのは「人を守る」ということではないでしょうか。

今回の騒動のようなことが起きれば、ターゲットにされた当事者もさらし者になる可能性があります。そして、平凡な日常生活を壊されることにもなります。健康を害されるかもしれません。人を攻撃したり、責めていいことがあるとすれば、それはどっかの会社の粉飾決済のように放っておくと、従業員やその他の多くの人に大きな害を受ける場合です。こういったことは「おかしい」と声を上げるべきです。そのことで、多くの人たちが守られる可能性はあります。ネットのような大きな波にあっという間に飲まれる時代、本質をいつも心に留めておくことが1番大事なのだと思います。

医療機関を頼る人たちは、みな弱者です。攻撃対象にされる可能性も高く、そのことで潰される可能性も高い人たちです。元々看護師というのは「弱った人たちの味方」という立場が本筋です。誰も触らなかった病気の軍人に「手当」をしたナイチンゲールが、看護師の基本です。そのために、必要なことは、人への愛情です。「目の前の人の苦しみを救いたい、この人が家でテレビを見てくつろぐ姿は、どんなにかいいだろう」と思えることです。医療技術はそのためにある方法であって、目的ではありません。

医療についても、ネットの情報が増えたおかげで、知識が増え、評論をする人たちも増えています。それが何のためにあるのか、それは今苦しんでいる「誰か」に、少しでも楽しい時間を過ごしてもらうためです。誰でも気軽に誰かをバッシングできる時代「人が人を守ることが何より尊いこと」その仕事についていることを、誇りに思ってほしいものです。ニュースの3面記事を飾る炎上事件に参加することより、たった1人の患者さんに「あの人がいてよかった」と思われること、それが看護師であり、人として尊い行動に思えます。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!