「未完成」のものを繋ぐ

kaiga新年のほのぼの話です。島根大学病院で画家が大作を病院のギャラリーに展示、この人の助手は認知症などの高齢者の皆さん27名、出された指示は「一生懸命に」ということだったそうです。医療分野の実験的な意味も込めたらしいのですが(アート作品作りによる、認知症のお年寄りの様子を調べるなど)やはり、イキイキとした様子だったようです。

この作品、写真が載っている報道もあり、それを見れば解るのですが実に明るい!自分も何か書き足したくなる童話の世界といった作品で、横幅10ⅿの大きさがあるそうです。ちなみに次なる野望?は、小児病棟で助手を募集することとか。

しかし、こういう「やりがい」のある行動はいいですよね。皆さんも子供の頃、音楽会、学芸会などみんなと一から物を作る「感動の青春」なんていうのがあったのではないでしょうか?またスポーツ大会で力を合わせ、惜しくも準優勝・・なんて、スコアまで覚えている人もいるくらいです。でも大人になると、共同作業がお金がらみだったり「私は下手だし、あの人いつも上手いし・・でもあんなに威張ることないと思うの・・」という面倒なことが起きがちです。しかし、今回のやり方は患者によるボランティアです。そうするとお金によるゴタゴタはない、その代わりに「私は下手だし」ということはあるかもしれません。そして「あの人はリーダー格で華がある」などと感じたりして、ふと学生時代を思い出すこともあったりしたかもしれません。

人が生きていくって、こういう体験をすることですよね。コンプレックスと付き合いつつ、逃げ腰のままでいるか、そんな自分を嫌だと思いつつ、でもある日「あなたの絵ってホントかわいいよね~」なんてことを、思わず言われたりすることもありますよね。そして「そうそう、ずっと思ってたけど」「えっ?!そうなの?」ということになったりもします。

認知症の方だとここまで論理的な展開にはならないかもしれませんが、しかし根底にある感情は同じだと思います。「私はどうも軽視されているのかも」と思って作業をしていたら、突然「ステキね!」と声をかけられたりする、自分も捨てたもんじゃないんだ!と感じる時に、どれだけ脳が輝いていることか・・・想像するだけで嬉しくなっちゃいますね。

絵画による治療法は、精神科や認知症など、心をしっかり診た方がいい場所にはありますが、合作というのは、期せずして、他人と対等に心が触れあうことになります。認知症対策にはいい方法ですね。しかし、病院にギャラリーがあるというのはいいですね、小さい展示スペースを総合病院で見ることはありますが、専用の部屋というのはあまり見たことがないです。ましてそこに10ⅿの絵というのは、無いです。ギャラリーだったら、見たくない人は行かずに無視すればいいですし、行きたい時に入院患者がワクワクという楽しみな場所にもなります。出品の規定を設ければ、体の疾患で長期入院中の人の目標にもなるかもしれません。

更にここに提案したいのは、先に「自分も書きたい」と言いましたが、患者、医師、お見舞いの人などが勝手に書き足していく作品があってもいいと思うのです。いつでも誰でも参加者、どんなものが出来ていくのか解りませんが、世の中にはスペインのガウディの作品のように、異様に長い期間をかけても完成していないものもあるのです。いつになっても未完成というのは、何だか素敵な気もします。

「完成」という目標があると出来た喜びはありますが、そこで一応終了、作る作業にはピリオドが打たれます。未完成作品は、高齢者が手掛けていた場合など、途中で他界する可能性があります。でも人生自体がそういうものですよね。満足して死ねる、という人はいるかもしれませんが、あまり完全に何かをやり尽して他界する人は少数派のように思います。また逆に、もうやることが無いのに・・という形で生かされている高齢者もいますよね。1つ「永遠の未完成作品」があることで、生きることを考えていくことになるかもしれません。もし長く続けば、2代目、3代目と描く人が出てきそうですからね。そういう人は、親の描いたものを修復するなんていう手もあります。

未完成のものを、ずっとつなぐ、病院には1番ふさわしいように思うのです。「次に伝えることがある」というのは、1番大きな生きる意味なのかもしれません。また一定年齢以上の人なら解ると思うのですが、昔は割とあちこち・・例えば喫茶店などに「落書き帳」のようなものがありました。来た人が適当にあれこれ書いていくのです。何故か住所、氏名をきちんと書く観光客のお礼文なんていうのもあったりして、個人情報がのんびりしていた懐かしさがあります。今また、こういったものがあってもいいのでは、とも感じます。

今の世の中SNS,その他書き込みはいくらでも出来ますが、自分から接点を持とうとしたわけでもない、見知らぬ人が、そこにいたというだけで、何かを書いている、この温かみは、なかなか他では感じにくいものです。
それこそ個人情報など管理面の問題があるのかもしれませんが、病院の落書き帳も、あると楽しそうです。


応援クリックして下さると励みになります!
↓↓↓↓↓↓

看護師 ブログランキングへ

関連記事:精神科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!