退職理由

退職理由
「なぜ前の病院を退職したのですか」

この質問は、転職の際には必ずと言っていいほどよく聞かれます。面接官がこの質問で知りたいのは、「すぐに辞めないかどうか」「人材が何を大切にしているか」ということです。前の病院を退職した理由の話し方によっては、採用が難しくなることもあるので、回答は事前に考えておきましょう。

この質問に答える際のポイントは、すべてを正直に話しすぎないことです。何事も正直に話すことは大事なことですが、退職理由においてはマイナス面を強調することで、採用が不利となることもあります。マイナス面はなるべく控え、プラスの方向に答えることが重要です。また、志望動機との兼ね合いも考えて答えられるようにしておきましょう。「前の病院では○○だったので、△△のような環境で働きたいと思い、□□の貴院で働きたいと思った」など、志望動機と退職理由には一貫性が必要です。

<退職理由の例>
■ 人間関係が嫌で辞めた場合
「人間関係が嫌で退職しました」はNG。
どんな人間関係があったにせよ、面接官は「人のせいにして辞めるかもしれない」という印象を持ってしまいます。また、自分が悪くなくても、コミュニケーション能力や性格に疑問を持たれてしまうかもしれません。
そのため、退職理由が他にある場合には、あえて言わない方が無難です。もしも、他に理由がなくやむを得ず話す場合には、人間関係の詳細ではなく、どのようにしていきたいかを中心に話しましょう。

■ 多忙を理由に辞めた場合
「忙しいので退職しました」はNG。
面接官からは「ただ楽をしたいだけか」や「うちも忙しいからすぐに辞めてしまうかも」、「向上心がなさそう」と思われてしまいます。「看護業務に専念したい」などのプラスの言い回しの方がベターです。

■ 結婚を機に辞めた場合
結婚によってどのような環境の変化があって、どのように働いていきたいのかを述べると良いです。この際、前の病院では実現できなかったものが、転職先の病院では実現できるということを明らかにするとベター。また、結婚を機にと話した場合、「こどもの予定はありますか」「旦那さんのお仕事はなんですか。転勤はありますか」など追加で質問されることが多いので、併せて考えておくと良いでしょう。

妊娠・出産を希望している場合でも、「すぐにでも欲しい」と伝えてしまうのはNGです。この場合、せっかく採用しても退職、もしくは休暇が必要になるため、面接官は採用をしぶる傾向にあります。希望している場合でも、こどもが欲しいという姿勢は隠しておいた方が無難です。答え方としては、「今のところ予定はしていませんが、授かりものですので」や「将来的には希望していますが、今のところ積極的に対策をしているわけではありません」などの言い回しにとどめておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!