患者さんが亡くなるのがつらい

患者さんが亡くなるのがつらい
 
職場によっては亡くなる人が多い現場があります。このような環境で働く看護師のストレスは大きいとの報告が様々な研究で発表されていますから、つらいのはあなただけではありません。

<亡くなる患者さんが多い環境でのストレス内容>

・患者さんが亡くなると看護の意味を考えてしまう
・患者さんが亡くなったとき単にストレスを感じる
・患者さんが亡くなったとき家族が泣いているのを見るのがつらい
・亡くなりそうな患者さんの担当は責任を重く感じる
・亡くなりそうな患者さんがいるときの出勤前、いなくなっていればよいなどと考えてしまう自分への自己嫌悪

このような悩みは、転職で解決できます。患者さんが亡くなる現場での看護師は、少なからず様々なストレスを抱えていますが、経験によって慣れていく人もいます。しかし、慣れることができない人もいますから、そのような人は患者さんが亡くならない職場への転職を考えてみるのも良いでしょう。

例えば、健康な人を対象とする健診センターや、患者さんを対象としていても外来はほとんど亡くなることはありません。また、老人ホームなどの施設や血液センター、治験などもありますし、精神科や慢性期の病棟では亡くなる人は少ないです。

患者さんが亡くなる職場では、多くのことを学べます。看護師としての成長を感じることもできるでしょう。しかし、働き方は多様にありますし、一生同じところで働かなければいけないことはありません。
今までの努力や悩んできたこと、試行錯誤の結果などは必ず自分の身になっています。患者さんが亡くなってストレスを感じやすい人は、前向きに転職を考えて良いでしょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!