志望動機の書き方

志望動機の書き方
 
志望動機は履歴書、面接の中でも合否に関わる重要項目です。書き方のポイントをおさえて、落ちない履歴書を作成しましょう。
 

<ポイント>
1. 丸写しはNG!
2. マイナス面はプラスの方向へ!
3. 「学びたい」はNG!どう貢献できるかを中心に!

<志望動機内容の例>
・今までどんなところで働き、なぜ転職を決意したのか
・志望先のどのようなところに惹かれて志望するのか
・どのような看護がしたいか
・転職の決意にあたって、どのようなライフスタイルの変化があったのか

 
志望動機は「退職理由→志望動機」の順に一貫性を持たせて考えましょう。

面接があるところでは、これらは必ず聞かれますから、あとから答えられるようにしっかりと準備しておくことが大切です。ネット上には例文がたくさんありますが、それらの丸写しはバレます。特に大病院では、たくさんの履歴書に目を通しています。「この言い回しよく見るわね。どっかから引っ張ってきたのね」と思われ熱意が伝わりません。参考にする分には良いですが、自分の言葉で書きましょう。

志望動機を書く際、病院の特徴をよく把握し、なぜ志望先でなければだめなのかを明確にすると好印象です。そのための情報収集はしっかり行っておきましょう。病院のホームページやパンフレット、ネット上のクチコミなども情報源として活用できます。

病院側は「長く働いてくれる」「熱意を感じられる」「貢献してくれる」人材を求めています。病院側が求めている人材ということをアピールすると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!