手術看護認定看護師

ope_2手術を受ける患者様は短時間で終わる局所麻酔であっても、長時間を要する開頭術、開胸術、開腹術及び整形外科領域のリスクの高い全身麻酔で行われるものであっても、どちらも不安と恐怖があることは当然です。手術を行う患者様やその家族への心理的ケアと配慮を行い、術前・術中・術後に行われる治療及びケアに対する知識と技術を屈し、手術看護の質の向上に貢献することができるのが手術看護認定看護師です。

術後の回復過程を念頭におき、術中の看護実践が実施できることが前提です。術中の安全に関する手術医療運営のためのモニタリングとコーディネートができ、チームからの信頼とチームの成長を求められます。

手術室では器械出しと外回りの看護で成り立っています。器械出しは、手術の流れと解剖をきちんと理解し、先を読んだ介助が求められます。理解度とスムーズな介助をすることで、手術の時間が変わってくる重要な役割。外回りは術前訪問を行い患者様の把握を行った上でメンバー間でカンファレンスを行ない、看護計画を立て個別性の追加準備を行う仕事も担っている。

患者様に行った看護を記録する役割は記録担当か外回りが行うか、違ってくるかと思われますが、ある程度手術の流れを理解していることが必要。麻酔科のサポートを 行うこともあるため、各麻酔の知識と身体変化を把握しておくことも重要となってきます。両者が予測しながら動けることで手術がスムーズに進行するのはいうまでもありません。

高度な知識として、周麻酔期看護学という分野を学んでいる人もいます。周麻酔期看護とは、手術だけではなく、検査も含め麻酔を受ける患者様に対し、麻酔前、麻酔中、麻酔後を含めた看護のこと。チームの中で相互の専門性をきちんと理解し、専門性を発揮できる環境を整え、高度化する医療の中で新たな課題を見出すということを期待されています。

手術看護認定看護師になるには、通算3年以上手術看護分野でのオペ室の職務経験があることや、手術看護における機械出しを行ったり、手術時における外回りの役割を果たせる看護師の実績を有することとなっています。


関連記事:オペ室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!