慢性呼吸器疾患看護認定看護師

img02慢性呼吸器疾患看護認定看護師は、COPD等の慢性呼吸器疾患の患者さんに対して、熟練した看護技術と知識を用いて、より高い水準の看護を行う事ができる事が求められます。
具体的な職務内容としては、肺の残存機能の維持向上の援助や、呼吸困難状態の緩和、呼吸リハビリテーションの実施の他に、患者さん自身で病気をコントロール出来るように患者さんの指導・教育等も行います。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師の受験資格は、基本的な認定看護師の受験資格要項の他に、

・通算3年以上、慢性呼吸器疾患患者の多い病棟を中心とした看護実績を有すること(その間、外来、IRCU、または在宅ケア領域での実践を含んでよい)

・慢性呼吸器疾患の増悪期から回復期にある患者の看護を5例以上担当した実績を有すること(入院から退院まで責任をもって担当した経験、またはそれに準じる内容であること)。

・現在、慢性呼吸器疾患患者の看護に携わっていることが望ましい。

といったものが挙げられています。
なお、資格試験の受験資格を満たしていても、約半年間の教育課程があり、集中してみっちり勉強しなくてはならないので、その間仕事ができません。

協力的な病院や施設で働いていると、資格の取得にかかるお金を負担してくれたり、援助をおこなってくれる場合があります。実際その病院が資格の取得等に積極的であるかは入ってみないとわからない部分もありますが、もし今働いている病院や施設が資格取得に協力的でなくて、より資格取得に協力的な病院や施設に転職を考えているなら、転職エージェントを使って転職する事をおすすめします。

転職エージェントは転職の際になかなか病院や施設側に聞きにくい資格取得への援助があるかといった内容や、雇用条件等に関して自分の代わりに問い合わせてくれたりします。
転職エージェントを比較検討してみて、もし自分の利用するエージェントにそのようなサービスがある場合は、気軽にどんどん利用してみてくださいね。


関連記事:呼吸器科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!