がん化学療法認定看護師

kangoshi3がん化学療法看護認定看護師は主にがんにかかった患者さんが化学療法を受ける際に治療に納得し、安全にかつなるだけ苦しまずに治療を受ける事が出来るようお手伝いをする事が職務となります。
具体的には、日々の指導・実践・相談が業務となり、看護師に対してがん化学療法看護認定看護師が病院内で勉強会を開いて化学療法の知識の提供等を行ったりします。
また、知識の提供は看護師に対してだけではなく他の職種にも行います。
日々の指導・実践・相談においては、はじめてがんの治療を受ける患者さんに対して、不安に答えたり、抗癌剤の知識の提供、化学療法に関する情報提供を行ったりします。

また、知識の提供は看護師に対してだけではなく他の職種にも行います。
日々の指導・実践・相談においては、はじめてがんの治療を受ける患者さんに対して、不安に答えたり、抗癌剤の知識の提供、化学療法に関する情報提供を行ったりします。

緩和ケア認定看護師は緩和ケアに特化して苦しみを除くことを専門としていましたが、がん化学療法看護認定看護師は、同じがんに関わる認定看護師の資格でも、化学療法に関してのプロフェッショナルとなります。

認定看護師の資格を取得する事を目標にする事は向上心が感じられとても良いと思いますが、がん患者さんに対する看護に携わりたいと考えているなら、勿論がん化学療法看護認定看護師の資格が無くても、がん患者さんへの看護の仕事に就く事が出来ます。
もし今、がん看護に興味があれば、科目の未経験や結婚後のブランクがあったとしても、教育の充実を全面に押し出して募集している病院もありますので、研修制度の充実した病院を比較して、がん看護の世界に飛び込んでみる事をおすすめします。
その際には転職エージェントの利用をおすすめします。
転職エージェントを利用すると、エージェントによっては求人票に書いていない研修に関する聞きにくい質問や、給与や待遇に関する交渉を自分の代わりに行なってくれる事もあります。
勿論、がん化学療法看護認定看護師の資格の取得支援に病院が積極的か等を聞くことも出来るでしょう。
転職エージェントを利用して、より賢く転職を成功させましょう!

 

がん化学療法看護の実務研修における看護実績と教育課程入学時の勤務条件

1) 通算 3 年以上、がん化学療法を受けている患者の多い病棟・外来・または在宅ケア領域での看護実績を有すること。

2) がん化学療法を受けている患者の看護(がん化学療法薬の投与管理の実績があることを必須とする)を、5 例以上担当した実績を有すること。

3) 現在、がん化学療法を受けている患者の多い病棟、外来で勤務していることが望ましい。


関連資格:緩和ケア認定看護師がん性疼痛看護認定看護師がん放射線看護認定看護師がん看護専門看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!