特定看護師

hospital特定看護師、と聞いて何となくわかっているつもりでも漠然としか理解できていないという方もいるのではないでしょうか。特定看護師とは、現在日本医師会やチーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループが慎重な検討を重ねている段階の資格です。認定看護師と特定看護師の違いから説明していくと、認定看護師は日本看護協会が認定している資格で、例えば救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケアといった、特定の看護に関して、熟練した看護の技術と知識を持って高い水準の看護を実践できる事を証明する資格です。

特定看護師は、その看護分野における認定看護師を取得した上で更に医師の包括的な指示の範囲内で、自分の判断により行なっていい事が増え、医療チームにおいての役割としてもよりまとめあげるような立場で医療に関わっていく事ができる資格だとイメージしていただければと思います。イメージと言ったのは、先程も少し触れましたが、まだこの資格が検討中の資格で、だいたいこのような資格になるだろう、という予測はいくつか出ているのですが、まだ確定している訳ではない為です。

何故特定看護師という資格の必要性が叫ばれるようになったかと言うと、やはり在院期間の短縮の推進を国が方針として挙げた事で、特に急性期の医療において、医師の仕事量が膨大なものとなり、安心できる医療を提供する為にも、それぞれの専門性に考慮した上でもっと役割分担を進めてもいいのではないか、という世論が高まった為です。

今現在、このようなものが特定看護師の資格内容になるのではないか、と言われているものとしては、褥瘡の創傷処置や、疼痛、発熱、脱水、便通異常、不眠等への対症療法、エコー、胸部単純X線撮影、CT、MRI等の実施時期の判断、読影の判断等があります。

今まで医師の判断を仰がなければできなかった特定の医療行為に関して、看護師の立場でできる事が増えると言われています。資格の取得条件としては、モデル事業において当該分野の認定看護師の資格を取得しており、5年以上経過している事や、その分野において実践を積んでいること、研修を受けるにあたり、看護師長もしくは施設長の同意を得ている事、出張及び研修で出張中の身分が保証される事等が挙げられていますので、それに近いものになる可能性が高いのではないでしょうか。

今、更なるキャリアアップを考えているのであれば、何年か後に始まることが予測される特定看護師を目指して、今から認定看護師の取得を目指す事をおすすめします。


関連資格:認定看護師一覧専門看護師一覧ナースプラクティショナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!