駆血前後の一工夫~血管がでないときにやるべきこと~

血管が出にくい人には、駆血前後の一工夫で血管が見やすくなることもあります。
「私、看護師さん泣かせで・・・」「血管出にくくてごめんなさい」という患者さんには、こちらもやっておきましょう。

駆血前

  • 腕を下におろしてもらう
  • ぐーぱーぐーぱーを繰り返してもらう
  • あたためる
  • 可能ならお水を飲んでもらう

駆血後

  • 親指を中にして手を握ってもらう
  • 抹消から中枢に向かってさする
  • 座位で難しければ臥床になってもらう

<血管がでない人への対応(駆血前編)>

腕を下におろし、ぐーぱーぐーぱーを繰り返すことで血液が集まって、血管が怒張しやすくなります。

また、寒い場合(冬場の寒い会場やエアコンが効きすぎている場所など)では、血管が締まって怒張しにくくなります。このようなときは、ホットタオルホッカイロでしばらく温めてもらうと良いでしょう。あたたまると血流が増加して、血管が怒張しやすくなります。

水分量が少ない場合も血液量が減るので血管が出にくくなります。お水を飲んだからといってすぐに血管が変わるわけではありませんが、注射まで時間があるようなら水分摂取を促しておくと良いでしょう。

ちなみに、昔はよく行われていた「パンパン叩いて皮膚を真っ赤にする」ことに血管が出るというエビデンスはありません。ご高齢の患者さんから「叩いていいよ!」と言われたときは、笑顔でお断りしましょう。

<血管がでない人への対応(駆血後編)>

親指を中にして手を握ってもらうと、血管が出やすくなり、患者さん自身腕に無駄な力が入らないので、血管注射の際は必ずやってもらうと良いでしょう。
また、駆血した状態で抹消から中枢に向かって(穿刺部位まで)皮膚をさすりあげると、静脈血が集まり血管が怒張します。血管を触りながらこのようにすると、血液が集まるのが確認できるので、血管の太さもわかりやすくなりますよ。

色々試してもなかなか血管が見えないときは、臥床になってもらうと良いでしょう。
血管を探しやすいだけではなく、血管が出やすくなるので、座位で血管が見つからない場合にはベッドを用意するのもひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!