直針の特徴と扱い方~挿入時のポイントとは~

■直針の特徴

最近ではあまり使われなくなってきた直針の採血ですが、健診施設や外来など採血件数が多い施設ではよく使われています。
理由は翼状針よりも安く、針捨てボックスに入れるのは針だけなので、コスト軽減ができるからです。また、翼状針よりも採血時間が早く、溶血しにくいのもメリットです。
一方、逆血を確認できないので血管が細い患者さんには不向きでしょう。また、挿入時の痛みは翼状針よりも感じやすいです。

メリット
・針の単価が安い
・針捨てボックスの容量カットによるコストダウン
・採血時間が早い
・溶血しにくい
デメリット
・翼状針よりも痛みを感じやすい
・逆血を確認できない

■直針を使うときのポイント

直針を挿入する場合のポイントは、あまり深く刺さないことです。あまり深く入れると、針の構造上、血管を突き破ってしまう可能性があります。もしも、少し深めに刺したいという場合には、やや平行に針をすすめていくようにすると良いでしょう。

挿入時の手感覚は人によって違いますが、ホルダーを持ちながらも、意識は針先に集中しましょう。
そして、針先が血管まで達したら、あらかじめホルダーに軽くセットしておいた真空採血管を刺して血液をいただきます。マニュアルにあるように、血管に入ってから針先を進めても良いのですが、採血ができれば良いのでしっかり血液がでていれば無理に針を進める必要もありません。針が血管の中に入れば良い!というイメージで行うと、成功しやすいですよ。

もしも、血液がでてこなかった場合は、皮膚の上から針の位置、血管の位置を確認します。触ってみるとまだ手前だったり、行き過ぎていたり、位置がずれているということもありますから、ゆっくりと進路を変更します。また、浅そうな場合は少し針を引いてから深さを変えると良いでしょう。一方、深く進める場合には針先に注意を払って慎重に進めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!