男性看護師の将来性

mennurse3最近は、病院で男性の看護師を目にする機会が、日に日に増えてきています。女性中心だった看護の現場も少しずつ変わってきているようです。看護師の業務は、日勤や夜勤、長時間の手術での医師のサポート、体位変換、加えて、病院内の設備を整えたり、機材や物品を運ぶといった力仕事が非常に多いです。

一方、患者さんのバイタル管理にメンタル面でのサポート、看護計画の作成や、患者さんや家族への治療方針を解り易く説明するなど看護師に求められる業務は山のようにあります。

男性の看護師が登場するまで、これらの業務は女性の看護師が全て行っていました。そのため、看護師は、精神的にも肉体的にもきつくて大変な職業であると思われることが多かったようです。実際、女性の看護師の中には、体調を崩してしまい長く勤務できなくない人いもいます。ところが、多くの業務の中には、男性に向いているものもあります。男性は、比較的女性よりも腕力や体力があります。機材の運搬や体位変換などを女性に比べて楽に行うことができます。

一般に、男性は、女性に比べて論理的思考能力や計算能力が優れていると言われています。ですから、効率が良く看護計画を作成したり、患者さんや家族への説 明を論理的にすることが容易となります。さらに、管理能力にも長けていることが多いため、スタッフ同士の調整も上手くできます。また現場では、体位変換などの力仕事の場合、男性看護師の方が心強いと思われているようです。また、看護業務はチームワークで行われるため、管理能力に長けていると言われている男性看護師にチームをまとめる管理職に就いて欲しいと思う病院もあるようです。

このように、男性の看護師が増えるにつれて、看護の現場では、男性の看護師を求める声が強くなっています。男性は、職業を選ぶ際にに生涯を通して出来るものを選択するようです。その分、専門性を身につけたいと思う人も多いようです。結婚や出産に影響されにくい男性は、継続的にキャリアアップしていくことも可能です。

日々進歩する医療の中で、常にスキルアップしていくことは重要です。自己実現や社会貢献に興味のある男性にとって、看護師という職業は将来性があるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!