ブランクがある際の注意点

nurses人生には、色々な転機が訪れます。その中で、看護師の仕事を離れる人は多いです。けれど、看護師として働いてきた日々を思い返すと、やりがいと充実に満ちた素晴らしい仕事であったことを再認識する人もいるようです。そして、もう一度、看護師として復帰しようと再就職を目指す人も多いようです。

ブランクがある看護師は、再就職活動をするために注意しなければならい点があります。一般的な事務職などでは、ブランクのある人の再就職は非常に難しいです。しかし、看護師は、国家資格を必要とする医療系の専門職かつ人手不足ということもあり、再就職は比較的簡単と言われています。ところが、ここで注意しなければならないのが、以前看護師として働いていた時とは、様々な意味で環境や状況が変化しているということです。 離職時よりも年齢を重ねているので、思ったよりも肉体的機能が衰えてきていることは留意しなければなりません。また、ブランクによる手技の衰えも考慮しなければなりません。さらに、医療・看護技術の進歩のため、離職前の看護の知識や技術が合わな場合もあります。ですから、ブランクのある看護師が再就職する際には、全てを一から始める覚悟を持つことが大切です。この心構えは、勤務先を選ぶ時に、とても影響してきます。

給料などの条件も重要ですが、ブランクのある人にとっては、教育体制・研修などきちんと整備されているのかをチェックすることが大切です。さらに、ブランクでの状況を埋めるために、積極的に新しい医療についての講義や実技演習を行っているセミナーに参加することも必要です。

看護師というとクリニックや病院での勤務を考えてしまいがちですが、実は、看護師という仕事は介護施設や老人施設、他にも製薬会社というところでも需要があります。全てを一から始める覚悟で現場復帰を目指すのであれば、希望勤務先の範囲を拡げるのもよいかもしれません。

看護師としての自分の能力や技術をしっかりと自覚さえしていれば、ライフスタイルにピッタリの良い職場を選ぶことが可能となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!