勤務体験談63-糖尿病内分泌内科

今回は、みるきーさん(27才)に現代病とも言われている糖尿病をより専門的に扱う糖尿病内分泌内科について体験談をお話いただきました。


とらみ:「こんにちは。今日はよろしくお願いします。男性の6人に1人は糖尿病有病者と言われていますね。糖尿病内分泌内科では、より専門性を持って糖尿病治療に携わるとのことですが・・・」

みるきーさん:「こんにちは。そうですね。糖尿病内分泌内科では、糖尿病は完治しないため、長く付き合っていかなければならない疾患に対して患者さんが前向きに取り組んでいくことが出来るよう様々な教育プログラムが用意されています。また、患者さんの気持ちを汲み取り、励ましながら支援していくために様々な取り組みを行っています。」

とらみ:「看護師の役割や業務内容は具体的にどういったものがありますか?」

みるきーさん「看護師の役割としては診療の介助のほか、糖尿病の各種検査の介助、糖尿病患者さんに対する生活指導、糖尿病教育講座の案内などを行います。前回の受診から今回の受診までの間の血糖値がどうだったか、患者さんから状況を丁寧に問診し、医師に伝えます。また、患者さんが前向きに糖尿病治療に取り組めるよう、血糖値のデータをモニタリングし、必要に応じて褒めたり励ましたりします。パンフレットなどを用いて糖尿病療養指導も行います。」

とらみ:「高齢化に伴い、糖尿病に罹患している患者さんも高齢化してきていますよね。高齢者にとって血糖測定やインスリン注射の管理は難しいのではないですか?」

みるきーさん「そうですね。ご自身で管理できない人は、こちらで援助する必要があります。血糖コントロールが不良な場合、血糖値管理のために入院することがあるんですが、血糖値が安定しませんので、身体状況の変化に注意しなければいけません。特に、低血糖は注意が必要で、見逃すと意識障害に関連し、命の機器に晒されるんです。朝方に多く起こりやすいので、スタッフが手薄になる深夜帯から朝にかけての巡視は、患者さんを注意深く観察しなければいけません。」

とらみ:「糖尿病は合併症として様々なものがありますね。重要なものに足病変があるかと思いますが、合併症などを併発している患者さんにはどのように対応されているんでしょうか?」

みるきーさん「足病変の合併症をおこさている患者さんが高齢者の場合、足のツメを上手に切ることが出来ません。深爪してしまうと、糖尿病患者さんの場合は治りにくかったり、場合によっては足の切断ということもありますので、外来診療の合間に患者さんの足の様子を見て、必要に応じてツメ切りや足浴の援助を行います。足浴の際は、必要に応じてかかとの角質除去なども行います。」

とらみ:「細かな心配りをすることで最悪の事態を防いでいるわけですね。」

みるきーさん:「そうですね。内分泌内科で扱うのは糖尿病だけではなく、内分泌疾患ですので、甲状腺疾患・下垂体疾患・副腎疾患などの患者さんもいらっしゃいますので、様々な勉強しておく必要があるので、大変ですが、私はステップアップとして、『糖尿病療養指導士』という資格を取ろうと思って勉強しているところです。」

とらみ:「『糖尿病療養指導士』というと、糖尿病患者さんの生活指導のエキスパートと言える資格で『日本糖尿病療養指導士(CDEJ)』と呼ばれていますね。」

みるきーさん:「はい。糖尿病と、その療養指導に関する知識を深く持ち、患者さんが自己管理を適切に行い、糖尿病と共に自己管理をしながら生活していけるよう指導する資格です。勤務するようになって実感しているのですが、糖尿病は継続治療ですし、長期に付き合っていかなければならない疾患ですから、しっかりとした療養指導が必要になりまるのですが、糖尿病専門医に対して糖尿病患者が多く、バランスが悪いのが現状です。その問題点を解決する資格ではないかと感じ、早く資格を取れるよう頑張っているところです。」

とらみ:「治療は医師が行う、生活指導は糖尿病療養指導士が行う、というように業務分担を効果的に行うことで患者さん一人ひとりに対し、きめ細かなケアができるというわけですね。臨床における糖尿病療養指導士の存在は重要だと思います。無事に資格を取得できるよう祈っています。今日は貴重なお話をありがとうございました」

みるきーさん:「ありがとうございました。」


関連記事:内科

関連資格:糖尿病看護認定看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!