勤務体験談22-icu

今回はICUにお勤めのkazu43さん(28歳)に体験談をお話いただきました。


とらみ:「こんにちは。今日はよろしくお願いします。早速ですが、ICUには何年お勤めなのですか?」

kazu43さん:「こんにちは。新卒入社で、公立病院の救命救急センターICUにて一年半看護経験をしました。」

とらみ:「新卒ですぐにICU配属だったわけですね。研修や業務などは大変ではないですか?」

kazu43さん「新卒教育は、集団研修と配属先での現場教育が行われました。新人集団研修では、看護師としての倫理、医療安全、基本的看護の技術演習、公務員としての心得などを入職して1週間みっちり研修を行い、その後、週に1~2回フォローアップ研修などを行いながらノウハウを身につけていきました。現場教育は、その1週間後から本格的に開始されました。プリセプターと現場指導者による実地教育が行われました。」

とらみ:「プリセプターがいると、安心ですね。一日の流れや業務などはプリセプターから教わるのですか?」

kazu43さん「はい。プリセプターに付いている間に、一日の業務の流れと研修で身に付けた看護ケアを実践していきます。現場では、まず見学、見守り、一人立ちできるようにと、一つ一つの看護ケアや処置は、チェックがありました。チェック合格してはじめて一人で行うことが出来るんです。」

とらみ:「ICUは特に重篤患者が多いのでチェックはしっかりしないといけませんね。また、多くの診療科の患者さんがいるので知識や技術を学ぶのは大変ではないですか?」

kazu43さん:「ICUでは、多科の知識が必要です。毎日居残りをして疾患や病態の知識を学習し、それに必要な処置、検査、看護ケアの必要性を理解し、実践できるように学習をしていきます。十分な理解や病棟の特徴をとらえるのに半年近く学習の日々が続きました。日勤業務が理解でき、ICUでは最大2名を昼間は受け持ち看護を行うため、2人の軽症患者を看護できるようになると夏ごろより夜勤業務を開始します。夜勤も、シャドー研修から開始し、見守り、一人立ちと進んでいきます。」

とらみ:「学ぶ科目も習得する技術も多岐に渡るので、やりがいは大きいと思いますが、本当に大変だと思います。たくさんの研修を受けてやっと独り立ちできるわけですね。印象に残っている事例などはありますか?」

kazu43さん:「高校生の男の子が、海に遊びで飛び込んで頭部から海底に打ち付け頚椎損傷の大けがを負った事例があったんですが、3次救急で運ばれたこの患者さんは、すぐに治療が開始され、ルート確保、挿管、人工呼吸器装着、ソルメド療法が開始されました。私は夜勤が開始されるシャドー研修が行われていたんですが、鎮静剤を使用し、安静確保、完全な日常生活の全介助状態で、体位変換するにも身体がよじれないようにかなり慎重な看護が必要でした。患者さんが少しずつ回復し、呼吸器装着中ではあるものの徐々に鎮静を切り始めた時、これまでの自分の意識や記憶はありませんが、置かれた状況を理解し反応を起こしたんです。その時、ICUの看護師として命を救う喜びを感じました。」

とらみ:「ICUは生死に密接に関わる現場ですし、まだ若い患者さんですから回復の兆候がみられると、何よりの喜びですね。」

kazu43さん:「そうですね。でもその後が大変で、どこまで回復するかはリハビリ次第の状況ですが、頚椎損傷で胸部以下の回復は見込めない状態でした。その告知をどのように、誰が、いつするのかを検討する、家族との相談をする日々が続きました。呼吸状態、循環動態が安定し、意識もぼんやりと戻ったころ、HCUへの転棟が決まり、結局予後を伝えられないまま送り出すことになり、無念さとやりきれなさを感じました。」

とらみ:「予後に関してはご家族の意向もあるでしょうし、告知のタイミングは難しいものがありますね。」

kazu43さん:「その患者さんは、HCUでのリハビリで、一般病棟に移る時に告知が行われたようですが、やはり荒れて一時、ふさぎこみリハビリが進行できない状況に陥ったそうですが、その後半年で退院をすることが出来、ICUを訪ねてきてくれたんです。彼は、「事実を知った時は本当につらくて、なんで助けられたのか正直恨んだ」と言っていました。でも「こんなにも自分は大切に思われていたんだと感じることができた。救ってくれてありがとうございました」と気管切開部分は閉塞し、自分の言葉で語ってくれたんです。看護師として、複雑な境地でしたがやはり人の命と関わり、向き合い、誠心誠意救うことのやりがいを感じました。」

とらみ:「そうですね。完全に今までの生活に戻れない場合も多く、全ての結果が良い方向に向かうばかりではありませんが、命を救い、人生を前向きに開始できる手助けを行えるのはICUならではのやりがいだと言えますね。貴重なお話をありがとうございました。」

kazu43さん:「ありがとうございました。」


関連記事:ICU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!