勤務体験談3-整形外科

今回は整形外科で働く看護師歴5年目のりく子さんにお話を伺いました。
りく子さんは27歳、女性特有の関係が苦手で整形外科を選ばれたそうです。それではさっそく、りく子さんにお話を伺ってみましょう!


とらみ:「こんにちは。今日はよろしくお願いします。まずは、りく子さんが整形外科を選ばれた理由を教えて下さい。」

りく子さん:「こんにちは。私は昔から女性社会というか、女性特有の関係が苦手でした。その点、整形外科は女性のスタッフが少なく、男性の方と多く交流を持つことができ、人脈が広がりやすいです。また、体力がいる仕事ですので、学生時代にスポーツをしていたので向いていると思い整形外科を希望しました。」

とらみ:「整形外科は女性スタッフが少ないんですね。他の科と違うところは他に何かありますか?」

りく子さん「患者さんの経過がわかりやすい科目であることが一番の特徴だと思います。自分がお世話をした患者さんがどんどん元気になっていく様子を見ることができる為、やりがいを感じやすいです。また、運動療法士や理学療法士などと連携を取って治療を行うためチームワークも必要となってくるので、個人で治療を完結するという意識よりみんなで患者さんを良くしてやろうという意識が強い人や、患者さんの症状が回復していく様子に興味を持っている人、仕事に対する責任感が強い人に向いている科目だと思います。」

とらみ:「運動療法士や理学療法士と連携を取るなど、チームプレイが中心となることも多いんですね。確かに、体育会系な感じですので、学生時代にスポーツをしていた人や、いい意味で男性的なサバサバした方に向いている科目のような気がしますね。」

りく子さん「もちろん、他の科目でもコミュニケーションを取ることは必要ですが、患者さんをどのように励ますかによって、患者さんの病気回復に伴うモチベーションにかかわってくるので、整形外科では、その手伝いを率先してできるリーダータイプの方に向いていると思います。気分よく症状の改善に迎えることによって、治療の効果も上がります。それは患者さんが積極的に病気に向き合っているため、リハビリなどの回数がふえたり、成果が上がったりすることができるためです。」

とらみ:「仕事の上で大変だと感じることはどんなことですか?」

りく子さん:「女性が少ないので、女性も男性と同等に扱われます。なので体力的な面がつらいですね。また、私が勤務している病院での話ですが、中堅のドクターの扱いがとても大変でした。医師として実力はあるのですが、異動してきたばかりで指示が適格でないものが多く、ナースの間では使えないドクターとして認知されていました(苦笑)そういった中での人間関係も難しいと感じました。コミュニケーションは比較的多くとっている職場なのですが、小さなことでよく指摘され、イライラが募っていたので。夜勤もあるので生活リズムを整えるのも大変ですね。」

とらみ:「夜勤や生活リズムについては看護師では誰しもが悩む点ですね。現代は高齢化社会といわれているように患者数に対して看護師の数は圧倒的に少ないので、看護師一人当たりの仕事量が多く大変です。りく子さんはどのようにされていますか?」

りく子さん:「私は、休みの時間は思いっきりストレスを発散することで次の日の仕事に集中できるので、買い物に行ったり、映画を見たり、スポーツをしたり、その時自分がしたいことを思いっきり楽しむようにしています。私の職場は、夜勤などの時間が不規則な分、残業がないのですが、同じ業種の友達の話を聞くと自宅に帰っても資料作成やレポートを仕上げたりと大変な人もいます。そのため、職場選びは同じ業種でも大変重要だな感じています。」

とらみ:「そうですね。職場によっては、りく子さんのお友達のように残業や夜勤だけでなく自宅でも仕事をしなければならず、ストレスを発散させる時間もとれない看護師はたくさんいますね。そういった理由から転職を考える看護師もとても多いですね。」

りく子さん:「私は勤務先が自宅から近く、患者さんもいい人が多いので、今の職場でずっと仕事をしたいと思っていますが、看護師は常に不足しているので、ある程度の経験年数やスキルが伴うと転職サイトなどの利用で簡単に転職することができます。好待遇、残業なし、など自分の望む条件を絞り込んで転職活動ができるし、履歴書などの書き方を忘れてしまっても専門のスタッフが添削してくれるため、安心して面接に臨むことができます。自分だけで履歴書を書いても第三者目線で見ると案外ミスも多いので。転職サイトは看護師の間でも人気がありますね。」

とらみ:「最後に、りく子さんが仕事をする上で気をつけていることを教えて下さい」

りく子さん:「私は仕事を行うにあたり、患者さんとのコミュニケーションを密にすることを常に意識して活動しています。症状が回復して感謝の気持ちを患者さんから示された時には、今まで頑張ってきたかいがあったなと感じることができ、最高のやりがいを感じることができることができますよ。」

とらみ:「貴重なお話をありがとうございました。」

りく子さん:「ありがとうございました。」


関連記事:整形外科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!