精神科

seisin1近年では精神科を増設する病院がとても増えています。
診察室だけでなく、病院やクリニックに精神科専門のデイケア施設を併設する所もあります。どちらも共通して需要が高まっています。

 

【背景にある現代社会】

「ストレス社会」と言われる現代において、精神を病む人が増えていることが分かります。

うつ病を発症する人が急増している背景には、日本経済の大きな変化が関係していると言えるでしょう。
看護師と就職活動を行いながら、地域によっては精神科の募集を多く目にするかもしれません。

精神科関連の施設を増えているだけでなく、精神科の看護を手厚く行おうとする医療機関もあります。
どちらの理由であれ、より多くの看護師が必要とされるでしょう。
それらの取り組みが、時代のニーズに応えることになります。

 

【精神科患者の特徴】

精神科の患者には、長期入院をしている人も多くいます。
病棟は解放病棟と閉鎖病棟に分かれており、閉鎖病棟にいる患者の方が長く入院しています。

精神的な病気ゆえに、行動や感情のコントロールができない患者が多くいます。患者のなかには病院内を走ったり、物を壊したりする人もいます。
それらの事態を防ぐために、力のある男性看護師を多く配置している病院もあります。数ある診療科のなかでは、比較的男性看護師が多い職場と言えるでしょう。

そのほか、精神科での勤務の特徴は、年間休日が多いことにあります。「確実に休日がとれて、プライベートを充実させたい」と考える看護師に選ばれているようです。
スキルアップを目指す看護師のなかには、「精神科認定看護師」の資格を目指す人もいます。


関連ブログ記事:東北復興について医療ができること精神科の身体拘束について一般社会への復帰薬物依存とその更正

 

インタビュー記事:精神科で働かれている男性看護師デブク・ジーターさんにインタビューさせて頂きました。
ご興味あり方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事:民間病院で12年、精神科病院で8年、計20年看護師をされているベテラン看護師のあやまんさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事:神科医療で10年以上のキャリアをお持ちの、うみょさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事:内科から精神科に異動され、精神科に6年勤務されているメンタルナースさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!