産婦人科

baby産婦人科で行われる治療や処置は、産科の分野と婦人科の分野に分かれています。

産科では妊娠・出産・産褥を行います。一方で婦人科では、女性生殖器の腫瘍性疾患、性感染症、更年期障害、不妊、生理不順などの治療を行っています。つまり、産科であれ婦人科であれ、患者がすべて女性であることが大きな特徴です。

【産婦人科で働く職種の性別規定】

産婦人科では医師、看護師のほかに、助産師も大きな役割を果たしています。
アメリカ・イギリス・オーストラリアには男性の助産師がいますが、日本では女性のみと決められています。日本は、分娩に関わる助産業務の特殊性を理由にこの方針をとっています。一方で産婦人科医に性別の規定はなく、日本でも男性の産婦人科医は各地で活躍しています。

【助産師とは】

看護師と同じく、国家資格を必要とする職種です。
助産師になるためにはまず、看護師の国家資格に合格する必要があります。その後、助産師の養成機関で1年以上の専門教育と実習を受けます。

【助産師の役割】

助産師は、助産院・病院の産婦人科・産婦人科クリニックで勤務をしています。
女性の妊娠・出産・産褥においてケアと助言を行う役割を果たしています。分娩介助においては、助産師が独自の判断で対応して良いことになっています。看護師は各診療科において健康の維持、状態の改善に努める一方で、助産師は生命の誕生を支える役目を果たします。

そのほか助産師は、自ら助産院を開業することも可能です。産婦人科の業務に興味を持った看護師には、助産院への勤務を選ぶ人もいます。


インタビュー記事1:産婦人科と小児科に勤務経験のあるNrsingさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事2:小児科、婦人科、神経内科に勤務経験のある堅山尚子荒さんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事3:産婦人科に勤務経験のある、ぽぽたのママさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事4:産婦人科に勤務経験のある、けんたったさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事5:小児科と産婦人科に勤務されていが藤尾釜さんに「看護師の仕事の中で得るもの」についてインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事6:産婦人科に7年努められているゆうこさん(32歳)に看護師としての産婦人科についてインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事7:産婦人科に5年勤められているた朝子さん(29歳)に「人から頼られる看護師のやりがい」についてお話して頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事8:婦人科に8年お勤めの、みなみさん(32歳)婦人科での体験談をお話いただきました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事9:ちかごんさん(31才)に産婦人科について体験談をお話いただきました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

 

関連ブログ記事:助産師問題についての徒然キャサリン妃出産に見る男女の価値観母乳のネット販売問題と育児産科医微増と出産問題技術の進歩と人の気持ち

 

関連資格:助産師不妊症看護認定看護師新生児集中ケア認定看護師 | 母性看護専門看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!