心療内科

jibika「心療内科」がまだ広く認知されていないのは、診療科目として認められてからさほど長い年数が経っていないためです。

診療の範囲についても、まだまだ認知はされていないでしょう。厚生労働省が正式に科目として認めたのは、平成8年のことでした。ストレス社会と呼ばれる現代において、その重要は高まっています。

【カウンセリングとバイタルチェック】

心療内科においては、カウンセリングをメインに治療を行います。カウンセリングは医師が行い、看護師が同席しない場合も多くあります。なかには患者の希望により、看護師が席をはずす場合もあるでしょう。

看護師はカウンセリングよりも、バイタルチェックにおいて治療に携わります。心の不調からくる体調不良を確認するために、患者によっては来院のたびにバイタルチェックを行います。

【薬の処方】

医師の判断により、患者によって薬の処方が行われます。
内科や小児科であれば来院した患者の多くに薬の処方がありますが、心療内科ではさほど多くありません。
医師によって治療方針も異なっています。なかには漢方薬の処方を中心に行うところもあります。

 

【日本にしか無い科目】

実は、心療内科は「日本にしかない」という特殊性があります。
内科・小児科・外科などは海外でも多くの症例があり、各国の医師が集まり学会も行われています。新しく認められた科目であるうえに、そのような交流が無い珍しい分野です。すでに基盤があるものではなく、これから研究が進められられていく分野と言えるでしょう。


関連ブログ記事:東北復興について医療ができることストレスチェックの義務化独・飛行機事故にみるストレスチェック

インタビュー記事:心療内科に勤務経験のあるa-yuさんにインタビューさせて頂きました。ご興味あり方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事:心療内科で10年以上のキャリアをお持ちの、つや子さんに看護師として求められるポイントをお話いただきました。ご興味あり方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

関連資格:精神看護専門看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!