小児科

syounika小児科での勤務に興味を持つ人の多くは、子供と接点を持つことを希望しているのではないでしょうか。

病院の小児科、各地域にある小児科クリニックでも、楽しい雰囲気を心がけたインテリアが印象的です。具合の悪い子供や不安を抱えている子供が、安心できるよう配慮されています。

明るい印象を持つ人が多い小児科ですが、やはり医療現場であるゆえに緊張感は欠かせません。 ましてや、小さい子供の多くは自分の症状を伝えることができないことに難しさがあります。

医師は、母親など家族からの情報を頼りに子供の診察を行います。痛いのか、苦しいのか、時には表情から意図を読み取る必要もあります。言葉で表現できないことと合わせて、自己管理ができないことも子供の特徴です。大人であれば、風邪を引いた時に過去の経験を活かして対応するでしょう。

一方で子供には、発熱や吐き気など始めて経験することが多々あります。そのため、待ち合い室で突然吐いてしまうこともあります。看護師は診察室および待ち合い室へ常に目を配りましょう。そして、急変しそうな患者がいないか注意しておく必要があります。

実際に看護師が小児科で関わる機会が多いのは、子供よりもその母親などの保護者たちです。薬に関する説明や、栄養指導なども主に保護者に対して行います。まだ子育てに慣れていない保護者のなかには、子供が病気になったことによりパニックになる人もいます。そんな保護者たちを安心させ、子供のより早い回復を目指す看護が必要とされます。


インタビュー記事:小児科と産婦人科に勤務経験のあるNrsingさんにインタビューさせて頂きました。
ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事2:小児科、婦人科、神経内科に勤務経験のある堅山尚子荒さんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事3:小児科病棟、小児科クリニックに勤務経験のあるコロコロコミッくさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事4:小児科と産婦人科に勤務されていが藤尾釜さんに「看護師の仕事の中で得るもの」についてインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事5:現在は結婚を機に退職されていますが、小児科で7年間働かれていたナースさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事6:救急救命で4年、小児科に配属されて2年のクマの花子さんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事7:小児科クリニックで7年勤務されていた、ゆうすけのママさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事8:小児科で5年勤務されている、りんりんさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事9:小児科で4年勤務されていた、ひとみさんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

 

関連資格:小児看護専門看護師

関連ブログ:子供のためのホスピス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!