アレルギー科

allergyアレルギー疾患の患者が通院するのが、アレルギー科です。
具体的な病名としては、花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎などが挙げられます。アレルギーとは、体に侵入した異物に対して免疫作用が過剰にはたらくことを指します。

【原因となる物質】

アレルギー反応を起こす物質は人それぞれにより異なります。医療現場では、原因となる物質のことをアレルゲン、もしくは抗原と呼んでいます。
具体的には、植物、動物、食べ物、ホコリなどがあり、近年では花粉に対してアレルギー反応を起こす人が非常に増えています。

【患者の年齢】

アレルギーを発症する年齢は定まっていません。
看護師としてアレルギー科で働くときには、幅広い年齢層の患者を対応することになります。なかでもアレルギーを起こした乳幼児の対応は、特別なむずかしさがあります。
乳幼児は、自らのアレルギー反応を言葉で説明することが出来ません。そのため、医師と看護師は反応を見て症状の程度を把握する必要があります。そして、保護者に対して症状の説明や注意事項をしっかり説明することが重要です。

【皮膚のアレルギー】

アトピー性皮膚炎の症状をもつ患者は、アレルギー科もしくは皮膚科で受診をします。皮膚にあらわれるかゆみや痛みに対し、塗り薬で対応することが多いでしょう。
薬の塗り方についてなど、看護師から説明を行うことも多くあります。患者により、子供の頃から大人になってもアトピー性皮膚炎の治療が続く人もいます。
長期に渡る通院が苦痛にならないよう、看護師の心遣いとサポートが必要とされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!