検診・健診

kenshin「検診」と「健診」、それぞれの特徴と勤務に関するポイントを確認していきましょう。

【検診とは?】

特定の病気に対して行われるのが「検診」です。例えば、代表的なものには「がん検診」がありますね。
こちらはその名前の通り、体にがん細胞があるかどうか、あるとしたらその程度がどのくらいかを調べるためのものです。

【健診とは?】

健診とは「健康診断」を略した呼び方です。特定の病気を調べるためのものではなく、「健康かどうかを診断するもの」と考えましょう。
そのため、健診を受診しても体のどこにも異常が無い場合もあります。逆に体に異常が発見された場合には、医師との相談のもとで症状に合わせた治療が始まります。
勤め先などからの指示で定期的に受診するのは、こちらの「健診」に該当するでしょう。人間ドックも「健診」に含まれます。

【検診・健診センターでの看護業務】

指定された項目にもよりますが、採血・体脂肪・身長・体重の測定を行うことが多いでしょう。そのほか、視力測定や心電図の操作をすることもあります。
医療機関との大きな違いは、病気や怪我をしている人との接点が少ないことです。医療機関には、治療を目的として患者が訪れます。検診・健診センターで受診する人の多くが、健康であることが大きな特徴です。

【勤務体制の特徴】

看護の仕事は、365日体制のシフトを組んでいる所が多くあります。一方で、多くの検診・健診センターの場合は土日祝日を休日に指定しています。固定の曜日で勤務をしたい看護師にとっては、そのことが大きなメリットになるでしょう。


関連ブログ記事:医療費の抑制について健康上の不満にスポットをあてる病は複合要素の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!