救急外来

kyukyu124時間体制で患者を受け入れているのが「救急外来」です。

救急外来では、事故によるケガや病状が急変した患者に対しての治療を行います。もちろん急変した救急患者だけを対象としての診察であるため、いつどのような症状の患者が来るのか予測が付きません。

そのため、数ある医療現場のなかでも、常に緊張感のある現場と言えるでしょう。患者とともに、家族などが付き添い人としてやってきます。予想外の事態に慌てている人に対して、冷静に対応することも重要です。

【トリアージとは】
「トリアージ」とは、“選別”という意味を表すフランス語です。

医療現場で言う「トリアージナース」の立場には、患者の症状ごとの緊急性を“選別”することが求められます。

病状が深刻である患者、容態が悪化する可能性が高い患者を見極めて、診察を行う医師への引き渡しを行います。看護師はどの現場においても、患者の症状を見極めて選別する能力が必要とされます。なかでも救急外来は、その能力に加えて迅速さが必要となる緊迫性があります。

 

【認定看護師としてのトリアージナース】

日本には、現在約400名の「救急看護認定看護師」がいます。
実際の医療現場では、この人材が数千人は必要だと言われています。つまり、その数はまだまだ足りていません。

需要の高さから、活躍の場がたくさんあることが分かります。日本救急看護学会と日本臨床緊急医学会は、トリアージナースの養成に関する合同委員会を設置しています。今後しばらくの間、トリアージナースの増加を目指した取り組みが続けられていくでしょう。


インタビュー記事:小児救急に勤務経験のあるポン太郎さんにインタビューさせて頂きました。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事2:救急救命で4年、小児科に配属されて2年のクマの花子さんにインタビューさせて頂きました。ご興味ある方はどうぞ。インタビュー記事はコチラ

関連資格:救急看護認定看護師集中ケア認定看護師急性・重症看護専門看護師小児救急看護認定看護師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!