クリニック

hihuka「クリニック」と言う言葉を聞いた時、皆さんは何を想像するでしょう。多くの方は病院や診療所を想像するかと思いますが、実は「病院」と「診療所」や「クリニック」には明確な基準があり、呼び方を分けているため、必ずしも同一ではありません。

【病院とは】

病床(ベッド)の数が20以上ある医療機関。
医師は3人以上、看護師は患者3人に対して必ず1人居なければならない。また薬剤師も1人は必要とされる。

【クリニックとは】

病床(ベッド)の数が19以下の医療機関。
医師が1人居れば良い。看護師や薬剤師の有無と人数は問われない。

 

中には「え、これだけの違い?」と思われる人が居るかも知れませんね。しかしこれ等は、実はとても重要なことなのです。

例えばベッドの数で変わってくるものの中でも、最も皆さんに身近なのは初診料と再診料の違いではないでしょうか。またベッドの数が多い病院は、当然規模が大きく、設備もしっかりしている所がほとんど。そのため、紹介状を持たないで行くと特別料金が発生してしまう場合があります。この特別料金は病院によって設定している金額が違いますが、病院によっては5000円近く取られてしまうことも。

また「病院」と「クリニック」では、そこに勤める医師や看護師の働き方が変わってくるケースもあります。これから転職を考えている方は、この二つの医療機関の違いを理解した上で、自分がどのような職場で働きたいのかをよく考えておくようにしましょう。

クリニックで勤務する看護師のメリットは勤務時間が日勤に限られる点です。また病院で担当するような重症の患者さんもいませんので、比較的楽な仕事といえます。


インタビュー記事:美容クリニックに勤務経験のあるポン太郎さんにインタビューさせて頂きました。インタビュー記事はコチラ

インタビュー記事:診療所の外来に勤務されている看護師暦8年の、をんな看護師さんにインタビューさせて頂きました。インタビュー記事はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめサービス一覧

常勤、非常勤、パート、派遣あらゆる看護師求人情報を無料で簡単条件検索し放題!!

お仕事をお探しの地域の最新求人情報を週2回配信する「ハローワークナース通信」
もちろん利用は無料です。

今、評判のよい看護師転職サイトってどこなの?⇒ 現役ナースがよく利用している看護師転職サイトをランキング

おすすめコーナー

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!